ちょっとSHOT! BLOG

Blog

初釣りは、管理釣り場でENJOY!

●釣行日:2020年1月29
●お名前:森 雨魚
●ポイント(場所):岡山県/日名倉養魚場
●使用商品名・号数(使用鈎・仕掛・ルアーなど):OH忍ヤマメ
●魚名:アマゴ・イワナ・ヤマメなど
●釣果:40匹ほど

 

減水気味の渓相。

1月29日(水)に岡山の日名倉養魚場に初渓流釣りに釣行して見ました。

当日の気温8℃、水温6℃と、まずまずのフィールド・コンディションです。
午前10時30分に放流予約をして、上流部の3番釣り場で準備にかかりました。
早速、ヒットしたのは、17cmサイズの居残りアマゴ。

その後、2匹を追加したところでA社長が放流をして下さいました。

 

忍ヤマメがナイス・フッキング!

新子アマゴのサイズに合わせて、楽々フッキングの先鋭ストレート、細軸、
エサズレのないハリ・忍ヤマメを4号をチョイスし生イクラ1粒隠し刺しで手前筋から攻略にかかります。

するとどうでしょう。

ヒットの連発と共に、気持ち良いほどの上アゴ・口元・下アゴと、
ナイス・フッキング続きます。1投1匹のリズムに乗せて、手元カウンターは32匹。
外道のアブラハヤも釣れてしまいます。

 

イワナも顔を見せてくれました。

最上流の滝つぼエリアでは、ゆっくりと流れ筋を探るとイワナも姿を見せてくれました。

 

移動・生かしビクとしても便利な水汲バケット

その後、管理釣り場では、ロープが着きでどこでも水が交換でき、
生かしビクにもなる移動に便利な水汲バケットを片手に下流に釣り歩き8匹を追加して、
雪の降らないうちにと午後2時過ぎに納竿としました。

 

新子アマゴの甘露煮

そして、翌日は、新子アマゴの甘露煮を作って楽しめました。

 

【 タックル・データー 】

サ オ     シマノ・流翔(旧)6.5-7.0m 穂先改良ソリッド
天井糸     OH天上道糸FC・0.5号(遊動天井糸)
通し水中ライン OH渓流ザイト・フロロ 0.3号
目 印     OHプロ目印(ピンク・グリーン・オレンジ)
オモリ     ガン玉4、5号
ハ リ     OH忍ヤマメ・4号
エ サ     生イクラ・ミミズ