インストラクターブログ

Blog

釣果的には十分楽しめましたが、反省点の多い釣行

こんにちは!スタッフ大東です。

今回は、山口県の寛漁丸さんに2日間の日程で大型のヒラマサを狙いに行って来ました。

この時期は、ジギングで大型の寒ブリも狙える悩ましいタイミング。
ウマウマの寒ブリ、狙わない手はありませんが、キャスティングで大型ヒラマサも実績があり、釣りたい&食べたいの葛藤で釣りに集中できません。

初日は汐巻方面へ、潮風が同じ方向に流れる午前中が勝負。

時化後のプレッシャーの少ないタイミングと、潮も動き、釣れる気しかしませんが・・・
この日はメインベイトとなるサンマがお留守。
魚探に反応はありますが、プラグへの反応は少なく、時間だけが過ぎて行きます。

果たして結果は如何に?

詳しくはスタッフ今永のブログをチェックしてみて下さい。

2日目は見島方面へ
こちらもベイトの気配が無く厳しめなスタート。
キャストはこの日も午前中が勝負。

釣りをしながら船長との雑談で、地元アングラーはシングルフック利用者が多く、遠方遠征組はトリプルフックを装着している方が多いと。

遠方の方は挑めるチャンスが少なく、バイトに対して少しでも魚を掛けたいと言う方が多く、地元アングラーさんはチャレンジ回数が多く、より大型を獲る為のセッティングになっていると言う事でした。

バイトに対してのフッキング率、掛けた後のキャッチ率、ルアーアクション等、シングル、トリプルのメリットデメリットが有りますので、状況に応じて使い分けて貰えればと思います。

 

この日もキャスティングは不発。午後からは、お土産確保も兼ねて、サワラ狙い。
こちらもウマウマとの事で、ある意味気合が入ります。

200gのジグとブルーチェイサー9/0のフロント一本でスタート。

時折アタリがあるものの、フッキングしません。
良く見ると、フックとジグがガッチリホールドしています。
これでは、フッキングしません・・・

こんな時は
①アシストラインの長さを変える
②フックサイズを大きくするか、小さくする
③ジグをかえる
④フック形状をかえる

等で対応して下さい。

ここからは、エンジン全開といきたかったですが、バラシ連発。

こんな時もすぐアシストフックを交換です。

面倒くさいですが、釣果を伸ばす重要なポイントですので、掛からない、バレるが続く様ならアシストフックがその日の状況にマッチしていないので、即交換しましょう。(人に偉そうな事は言えませんが・・・)

その後は時合もあり、サワラ、ヤズ(ブリの幼魚)などを釣り上げ納竿となりました。

釣果的には十分楽しめましたが、反省点の多い釣行となりました。

■使用タックル
【キャスティング」
ロッド:エクスプロージュン5パワー、6パワー
リール:ステラ14000番PE6号/リーダー130lb、ステラ18000番PE8号/リーダー170lb
プラグ:60g〜120g
使用フック:ST-66 #2/0〜5/0

【ジギング」
ロッド:ジギングロッド3オンスクラス
リール:ツインパワー8000番PE4号/リーダーフロロ18号
ジグ:150g〜250g
アシストフック:ブルーチェイサー7/0〜9/0、ファイアツイン 150g

 

スタッフ 大東哲也

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE