インストラクターブログ

Blog

新年初釣りは明石海峡でオメデ鯛!

遅れ馳せながら、あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願い致します。
今回のレポートは新年初釣りと言う事でオメデ鯛!
明石海峡での鯛ラバレポートです。

お世話になったのは、垂水漁港より出船の「虎ノ介」さん、この春に発売の鯛ラバ関連商品のテストを兼ねた釣行です。

この時期、明石界隈で真鯛の代表的なベイトとなるのが海苔。
海苔の養殖が盛んなこの地域では、養殖棚周辺から流れてくる海苔を捕食している個体が多く、ひとつのパターンとして成立します。

スタートは、薄暗い中。
船長から「前日はスリムのカーリータイプが良く当たってました」との事だったので、早速今シーズン発売予定のスリムカーリータイプのネクタイ単体でセット。

投入前に動きを確認すると、いい感じ♪
水深は20m〜30mと浅めのポイント中心なので、とりあえずヘッドは60gからスタート

浅場なので、キャストしてナナメ引きで巻く距離を稼ぐと同時に、横方向へ流れる海苔をイメージして巻き巻き。

暫くすると船内で本命が数枚上がります。
アタリカラーはオレンジゼブラだったのですが、手元に無く、急遽油性マジックでゼブラに。

更に船長から神の一声!「底取れるならヘッドは軽ければ軽い方が良いよ」と。

ここでヘッドを60g→35gに

そうこうしていると、隣のスタッフ藤岡が本命GET!


そして私にも・・・
まずまずのサイズ感でしたが、ポロっと外れてしまいました。
お決まりのパターンですね・・・

船内でもポロポロと釣れています。
アタリカラーを確認しながら、こまめにネクタイカラーをチェンジ!

リーダーを切らずにセッティングを変えられるチェンジアップシリーズの強みですね。
こまめなカラーチェンジでアタリは出るものの、ショートバイトのみで、中々フックアップまで至りません。

こんな時は鈎のセッティングを変えましょう!と言う事で、テスト中の交換鈎に変更。

投げては巻き、投げては巻きを繰り返しますが、この日は真鯛のご機嫌はナナメなようです。
ラスト1時間を切った所でゴツゴツと真鯛特有のアタリが・・・
フックアップするまでのこの緊張感がたまりません!

無事ネットに収まったのは35センチクラスのまずまずサイズ。

無事今年の初魚めでたくGETで納竿となりました!

真冬の真鯛は、超繊細。
テクニカルな鯛ラバゲーム、皆様も是非挑戦してみて下さい。

 

■釣行日…1月8日

■使用タックル
ロッド:鯛ラバ専用ロッド
リール:小型両軸リール
ライン:PE0.8号+リーダーフロロ4号

チェンジアップへッド 35g、45g、60g
チェンジアップ交換鈎 9号
チェンジストッパー コーラ、レッド
スカートフックCSスリムカーリー&スリムストレート

 

スタッフ 大東哲也

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE