インストラクターブログ

Blog

丸山海釣り公園のタンコブゲーム

先週末は徳島の実家へ冬タイヤ交換のために帰省し、そのついでに土曜日朝と日曜日朝に徳島市の津田一文字で青物を狙いましたが、今一つな結果に。

このまま家に帰るのは勿体ないので、どうせなら午後からコブダイ探索をしようと帰り道に淡路島で降りることにしました。
今回選んだポイントは、南あわじ市の丸山海釣り公園。
淡路島で釣りをするのはもう30年ほどになりますが、実は一回も訪れたことがありません。
コブダイが釣れるとは以前に聞いたことがありましたので、この機会にチャレンジすることにしました。

受付で入園料の1,000円を支払い、アーチを渡り、小さな山を越えて釣り場へ。
釣り場まで数分歩くので、荷物が多いと結構大変です。
荷物は最小限にしておくのが無難かと。

日曜日の晴天でしたが、釣り人は3名しかおられず、好きな場所に入りたい放題なので、コブダイの実績があると管理人さんから聞いていた中央付近へ入ることに。

いつも通り1本は沖狙いで置き竿、もう1本は手持ちで探り釣りをする予定で、まずは虫ヘッドパワー8gを付けて置き竿を投入し、もう1本のタックルの準備を進めていると、バナメイエビに大きなアタリ。

25cmほどの小コブが釣れました。

小さいながらも1投目、幸先の良いヒットにほっと胸を撫でおろしたのですが…それからエサ取りが連発。
このままでは用意したバナメイエビと生牡蠣の1,000円分のエサがあっという間に無くなってしまうので、タックルを手持ち用1本に絞って釣りをすることに変更しました。

手持ちでは、ある程度潮に流して広範囲を探りたいので虫ヘッドパワー6gをチョイス。
エサ取りが多いので、エサ持ちを良くするためと、エサ取りも釣りたいので虫パフックMをセット。

しばらくはエサ取りに悩まされましたが、潮にのせて流していると小さなアタリの後に一気に竿先をひったくるような本命のアタリがきました。

途中高い根はあるものの、足場は高いですし、ある程度根から離してしまえば、あまりバラすことはなさそうです。

コブダイらしいトルクフルな引きをたっぷりと堪能し、60cmちょっとの納得サイズをキャッチ。

開始して30分ほどで満足できましたが、とりあえずエサが無くなるまでは続けます。

 

しかしこの辺りから西風が強まり、横風で釣りがしにくくなったので、釣り座を入口方面へ少し移動しました。

潮があまり効かず、かつ相変わらずエサ取りはわんさかいる状態で、その後はポツポツと小コブとでかフグを釣り、15時過ぎにエサ切れ納竿。

短時間でしたがコブダイの魚影の濃さを感じましたし、当日他の釣り人から足元に大型コブダイが泳いでいるのが見えると教えていただきましたので、近いうちにエサ取り対策を万全にしてこの公園に再チャレンジしたいと思います。

■釣行日:12/12

■メインタックル
ロッド:foojin-R 108MX
リール:イグジストLT4000-CXH/
メインライン:BroadPEx8 KIZUNA 1.2号
リーダー:フロロ8号
ジグヘッド:虫ヘッドパワー6~8g
アシストフック:虫パフックS~M

当日の模様は個人のyoutubeにアップしておりますので、よろしければご視聴くださいませ。

スタッフ 西浦伸至

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE