インストラクターブログ

Blog

青物が釣れだして秋本番

毎年の事ながら鳴門海峡では青物が釣れだして秋本番。

まだツバスだが入れ食い状態になっいるとの情報で10月11日に二人で行ってきた。

 

朝6時30分出船するが あいにく天候は雨。

 

北流始まり5時41分なので北側が釣り場所だ。

 

流れがまだ弱いということで亀浦沖でまずはタイ狙い。

 

ここ最近、この場所で朝の間にシオが釣れていると言うのでまずはジグを投入。

 

反応は無い!?

 

どちらも狙えるライトジグに換えても反応なし

 

では、タイラバにと…一投目からゴツゴツときて乗った!

 

水深35メートルの場所でラインは50メートル出てのヒット!あと30メーターで口切れでフックアウト。

 

そのままボトムを取り巻き上げに入る。

 

ラインは84メートル出ていて斜め引き。

 

このラインの角度ならボトムスレスレをトレースするはず! 思惑通りのヒット。

 

だがタイ独特の首を振る抵抗は無い。

 

何者か?と思われたがボコっと水面下にみえたのはマダイ 少しの抵抗で重たいだけでガシラみたいな引き方でしたが今日一のマダイだった!

流れも強くなりゼンサ瀬に場所を移し青物狙い。

 

雨も止み日差しが出ると伴に南風が吹き出す。まだ流れに逆らう北風でないのが救いで釣りになる!

 

何度か流すが船団のなかでたまに取り込む姿が目に入る。

 

しばらくして急に当たり出して入れ食い状態に…

 

アジを使ってのエサ釣りの船では仕掛けが落ちなくなる始末。

 

ある程度キープ出来たのでタイを狙いに移動…

 

淡路側を流すのだが心が折れそうになるぐらいの強風! ポツポツと小さいタイを拾いながら釣果を増やして潮止まりで淡路側も終わり。

 

いつもならこの後、南側に移動して釣行をするのだがこの風では帰りでの波が心配なので徳島側でライトジギングをしてストップフィッシングとした。

 

タックル

 

ジギング

ロッド 6フィート

リール  カルカッタ801 オシアジガー1501

ライン PE 1,5号

リーダー フロロ7号

ジグ 撃投ジグストライク85g と130g(他メーカー)

アシストラインパワーフレックスワイヤーコア 90lb

フック   ジガーライト早掛 3/0

スプリットリングハイパーワイヤー 5番

 

ライトジギング

ロッド 6,6フィート

リール  カルカッタ801

ライン  PE0,8

リーダー 5号

ジグ  投次郎50g

アシストライン パワーフレックスワイヤーコア 50lb   PEアシスト鯛ラバライン75lb

フック ジガーライト早掛2、1号

スプリットリングハイパーワイヤー4番

ソリットリング 3,5

 

 

タイラバ

ロッド 69L 69ML エンゲツBBスピニング

リール エンゲツプレミアム、CT、ツインパワー

ライン  スピニング PE0,6号  ベイト マイクロPEハイライト 0,4、0,5号

アシストライン  PEアシスト鯛ラバライン 75lb

フック ジガーライトマダイ早掛 8号

鯛ラバ タングステン 30、45、60g

ネクタイ オレンジ、レッド

チェンジストッパーS使用

 

ラインには撃投PEディスタンススプレーを使用

 

 

この時期、ツバス、ハマチから始まり11月頃にはハマチ、メジロ。

 

12~1月にはメジロ、ブリと群れがかわっていくのが毎年のパターンです。

 

メジロ、ブリが釣れる様になると船の予約が取れづらくなりますので釣行予定の片はお早めに!!

 

2021年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE