インストラクターブログ

Blog

徳島県阿南沖のサワラジギング

ある釣りの帰り道、釣友と次のターゲットを相談していたところ「美味しいサワラが食べたい!」と要望があったので、サワラの釣果情報を探すことに。
あまりオフショアの情報には詳しくないので、この時期にサワラが狙って釣れる場所はあるのだろうかと思っていましたが、徳島県阿南市のFishing Boat清和丸さんのブログに釣果情報を見つけたので、釣友とチャレンジすることにしました。

釣行は4連休初日の7/22。
6時過ぎに橘港を出船。

当日は落し込みとジギングの混合便で、ジギングメインだったのは私達だけで、他8名の方は落し込みがメインでした。

30分ほどでポイントの伊島沖に到着。
すでに数隻の船が竿を出していますが、まだ竿は曲がっている気配はありません。

今回は撃投ジグレベル100gを使ったノーマルなジギングと、投次郎50g撃投ジグTGエッジ100gなどを使ったブレードジギングを1流し事に替えて攻めることにしました。

ポイントの水深は45m前後。
まずは投次郎50gのブレードジギングで攻めることに。
潮はほどほどに流れているので、お祭りを避けるためできるだけ遠くにキャストし、底から20mほどを早引きで攻めますがエソ以外のヒットはありません。

そして次はジギングへ。
レベル100gジガーライトホールド3/0のツインをリア、フロントともにセットし、対サワラ用にサワラ太刀魚リーダー先糸をセットして挑みます。
船長から中層までは探るようにとアドバイスを受けましたので、できるだけキャストし、広範囲をワンピッチをメインとしたコンビネーションジャークで中層までしっかり探ることにしました。

 

しばらくすると落し込みの方にハマチやヒラメが釣れだしました。
時合いかベイトの良い群れをとらえたかのいずれかなので集中していると、仕切り直しでキャストしたジグが、水深の2/3ぐらいでフォールを急に止めたので、慌てて合わせるとヒット。

最初は頭をこちらに向けていたのかすんなり寄ってきましたが、船に寄せると急に暴れだし、やがて細長い魚体がギラリ。

タモにジグが絡んでしまい、バラシを覚悟しましたが、運良くタモ入れに成功。

80cmちょい、3キロクラスのサワラでした。

あっさり本命が釣れたので一安心。

サワラ太刀魚リーダー先糸をチェックすると、サワラの鋭い歯による大きな傷が付いていました。
先糸を付けていなければきっとジグを無くしていたでしょう。

サワラ太刀魚リーダー先糸は、先端の強化チューブにリーダーを結ぶだけの簡単装着で、バイトを減らすことなく大事なジグを守ってくれます。
サワラ、太刀魚が多発するエリアには必携なアイテムです。

その後はレベルでハマチが釣れ、ジグでサワラのバラシがあり、このまま続けていたらあと何匹かサワラが釣れるかな?なんてぬるいことを考えていると、いつのまにかベイトの反応が消えてしまい、伊島付近ではとらえることが難しくなったので、ポイントを20分ほど走って移動することとなりました。

移動した先ではベイトの反応が多く、ハマチがメインで、落し込みではマダイのアタリがよくあり、同船者らは次々マダイを釣り上げました。

ジギングではハマチしか釣れませんでしたが、レベルのジギングでも、TGエッジのブレードジギングでもハマチはコンスタントにヒットし、納竿まで楽しむことができました。

周辺ではまた秋にサワラのシーズンがあるようなので、またその時期に釣行したいと思います。

■ブレードジギング用タックル
ロッド:CRXJ-S64ML/LJ
リール:イグジストLT4000-CXH
メインライン:BroadPEx8 KIZUNA1.2号
リーダー:フロロ8号
先糸:サワラ太刀魚リーダー先糸 M 
ジグ:投次郎50g撃投ジグTGエッジ100g
フック:STX-58 #3~4
ブレード用パーツ:マスドスピン M

■ジギング用タックル
ロッド:NJS-63/3
リール:セルテートHD4000H
メインライン:撃投PE2号
リーダー:フロロ8号
先糸:サワラ太刀魚リーダー先糸M~L
ジグ:撃投ジグレベル100g
フック:ジガーライトホールド#3/0(フロント、リアともにツイン)

 

スタッフ 西浦伸至

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE