インストラクターブログ

Blog

4連休は玄界灘で大物泳がせ&オモリグ

こんにちはスタッフ今永です。
4連休を利用し、九州は玄界灘へ釣行しました。

初日ヒラマサキャスティング
2日目オモリグ&大物泳がせ
3日目オモリグ
のスペシャルプランでの釣行予定でした。

しかし、いきなり1日目のヒラキャスから天候不良による中止となりました・・・。
居てもたってもいられず、予定変更♪
2日目の予定を前倒しし、16時出船~翌9時の17時間釣行プランです。

そんな強行プランにお付き合いいただいたのは、以前よりお世話になっている福岡県志賀島 弘漁港のクレイジーボブさん。

名前の通りクレイジーで、お客さんの笑顔のためなら全力で付き合ってくれるそんな気さくな船長です。

17時間プランの詳細は
オモリグ(エサイカ確保)→大物泳がせ→オモリグ→大物泳がせ
というなんとも贅沢便にしていただきました。

まずは、オモリグ編
玄界灘らしいパラシュートアンカーを入れた流し釣りになります。

からまんオモリグリーダーシングルDraw4ストロングポイントをセットし、実釣スタート。
夕方はぽつぽつでしたので、シングル仕掛でボトム中心に丁寧に1杯ずつ。
早々にエサのイカを確保し、クエポイントへ。


オーシャンバトル 大物泳がせ仕掛にエサのイカをセットして実釣スタート。

開始3分!いきなりスタッフ渋谷の竿がぶち曲がり、早速1本キャッチ。

これには大盛り上がりでより気合が入ります。
船長も実績場を風や潮向きを計算して、確実にポイントに仕掛が入るように船を止めている様子。
なんせ日没までの超短時間のチャンスしかないため、効率よく釣るために無駄なく流してくださいます。

日も暮れかけ、夕まずめチャンスも終わりかけたとき、私にも待望のアタリが!
しっかりフッキングを入れ、間髪入れずにとにかくゴリ巻き。
クエ釣りは根からはがすまでが勝負。
少ないチャンスをモノにし、なんとかキャッチに至りました。

日が暮れてからはイカ本番♪
終始入れ乗りモード全開!
数釣りモードでしたので、からまんオモリグリーダーシングルからトリプルに変更。
入れ乗りモード時には1杯掛けて、巻き上げ中に2杯、3杯と乗ってくるので、多点掛けで効率よく数を稼ぐのがおすすめです。


お土産&エサイカを十分確保したところで夜明けとともにクエ釣り第二ラウンド!

船長曰くイカのサイズはクエのサイズに比例するとのことなので、中型~大型イカを選び、大物泳がせ仕掛けにセット。

潮とポイントがマッチしたタイミングでスタッフ末國に待望のヒット!
ここまでアタリはあるものの根からはがすことができず、惜しい戦いが続いていましたが、ついにキャッチ。

大物泳がせカット泳がせの30号でのヒットでした。

そこからゴールデンタイムが訪れるという船長の予言通りラッシュ突入♪


ラスト流しで再びスタッフ渋谷が良型をキャッチし、大満足の納竿となりました。

すでに玄界灘のポテンシャルを十二分に堪能しましたが、私は一人九州に残り、次の日は普段タイラバでお世話になっているマリブエクスプローラーさんへ。

前日のバクバクを期待しましたが、満月パワーに負けてかなりのテクニカルな状況・・・。

しかし、これはこれでオモシロイ♪
からまんオモリグリーダーシングルストロングポイントをセット。
とにかくスレるのが早いため、反応がないor釣れても2杯釣ったら色チェンジを繰り返し、数を重ねました。


アタリカラーを見つけるコツは、
・アタリが出るまでの早さ
・イカの掛かりどころ
・イカのサイズ(大きいのが釣れる色)
で判断することができます。
この日も難しいなりにオモリグでパターン攻略に成功し、楽しい夜焚きとなり、兵庫へと帰路につきました。

楽しすぎる九州遠征、また訪れたいと思います。

■釣行日
7月22~24日

■タックル
〈オモリグ〉
ロッド:セフィア XTUNE メタルスッテS605-S
リール:ステラ4000、バルケッタFカスタム
ライン:PE0.6号、リーダー4号
仕掛:からまんオモリグリーダーシングルトリプル、Draw4ストロングポイント

〈大物泳がせ〉
ロッド:泳がせ専用竿
リール:トルサ30
ライン:PE12号、リーダー80号
仕掛:大物泳がせ仕掛カット泳がせスーパークエ泳がせパワースナップほつれん泳がせ強化チューブ

スタッフ 今永航汰

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE