インストラクターブログ

Blog

舞鶴湾口のサワラジギングと大阪湾の船太刀魚テンヤ

新年あけましておめでとうございます。
スタッフ今永です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

正月休みを利用し、今年も九州遠征の予定でしたが中止となり、今回は近場関西で楽しんできました。

まずは1月3日
京都府舞鶴のENSさんにお世話になり、サワラジギングに行ってきました。
冬の日本海というと大時化のイメージがありますが、舞鶴湾口での実釣のため比較的冬でも出船できるのがこのエリアの魅力です。

しかし、そうは言っても冬の日本海エリア。
雪も降り危険なのでスタッドレスタイヤは必要です。
実際この日も高速道路はチェーン規制をしており、また一般道にも路肩には雪が残っておりました。

雪のちらつく中、出船

40分ほど走り、ポイントに到着。
ベイトのカタクチイワシの感度もあり、期待も高まります。
ドテラ流しではなく、船長が船をたててくださるので、ジグも比較的軽めの130gからスタート。
魚歯によるジグのロストを防ぐため、リーダーの先にサワラ太刀魚リーダー先糸をセット。
撃投ジグレベル130g 湾岸今永イワシカラーにサーベルトリガーを使用した自作アシストでスタート。
高活性時はワイヤー芯入りが切られにくく良いのですが、張りが有りすぎるため吸い込みが悪いのも事実。
そこでロングシャンクで魚歯にあたりにくいサーベルトリガーの形状をいかし、フロロ芯で自作することでバイトをとらえつつもアシストカットは形状で最小限に抑えることができます。

フォールの間を与えた緩いワンピッチでシャクっていると早速1投目からヒット!

ベイト感度モリモリで立て続けにサワラやサゴシがヒットしてきました。

しかし朝のラッシュが終わるとサワラの感度もボトムベッタリとなり喰いも落ちてきました。
こうなると次はよりスローピッチに変えるorハイピッチでリアクションバイトを狙いに行くのですがこの日はスローピッチが正解!
渋い中でも飽きない程度にコンスタントにヒットしてくれました。

また、完全に喰いが止まってからは、ボトムをネチネチしていると



根魚に癒してもらいながら、納得の納竿となりました。

そして次の日1月4日
やっぱり連休最終日はタチウオテンヤに行きたかったので、大阪府谷川港のいずみ丸さんにお世話になりました。

さすがに水温も下がり厳しくなっているとの前評判に不安でしたが、朝イチは不安を吹き飛ばすほどのプチラッシュ!
グロー系カラーが好反応


ラッシュが終わるとさすがにこの時期ならではのグローを抑えたカラーに釣果が偏るようになってきました。
ゼブラ系や部分グロー、無発光系のカラーが◎

誘いもジャークを抑えた緩い誘いが効くようになり、冬らしい釣りを満喫することができました。

今年もチャレンジしたい釣り物がたくさんあるので積極的にチャレンジする一年にしたいと思います。

■釣行日
1月3日、4日

■タックル
サワラジギング
ロッド:スロージャーカー3oz
リール:オシアジガー2000
ライン:PE1.5号+リーダー8号+サワラ太刀魚リーダー先糸
ジグ:撃投ジグレベル130g、180gなど
フック:ジガーライトサーベルトリガー、シワリ

テンヤタチウオ
ロッド:サーベルマスターXTUNEテンヤ91H160
リール:フォースマスター600
ライン:PE2号+リーダー8号
テンヤ:掛獲船太刀魚テンヤ40号

スタッフ 今永航汰