インストラクターブログ

Blog

本荘ケーソンで秋の波止釣りを満喫

10月24日(土)、兵庫県播磨町より出船する「くさべ渡船」さんを利用して、本荘ケーソンへ行ってきました。

同行者に弊社スポンサー番組での「ビッグフィッシング」や「夢釣行」などに出演いただいた奥野太郎さんと弊社女性スタッフ井上を合わせての3名です。

午前5時、船はケーソンへ走らせ、奥野さんはカレイ狙いで通称「タンク前」へ、私と井上については、ケーソンからタンク前へ渡るための階段手前付近でノマセ釣りにチャレンジ。

夜が明けるまでが生きエサとなるアジを確保するチャンスのため、すぐさま「アミエビ実寸サビキ(ハゲ皮)」をセットし内向き側に仕掛を投入すると、20cmを超える良型アジがヒット。

ただ、エサには大きすぎるため、これはお土産用として確保。
それから続けざまにサビキを投入するとエサのサイズとなるものから良型サイズも交え無事にアジを確保。
すると先に投げ釣りをしていた奥野さんにヒットの声が。
「ビッグサーフ13号」を使った自作の仕掛で50m付近に投入し、潮の流れに乗せて仕掛が止まったところでアタリを待っていたところ、25cmのカレイが喰いつきましたとのこと。

奥野さんは先週にも30cmを超えるカレイを釣り上げており、今期のカレイ狙いは絶好調。

私はひとまずアジが確保できたので、ノマセ釣りのセットに取りかかりました。
青物が狙える表向き面に立つと西風が強く吹きつけ、釣りづらそう。

タックルは磯竿1.5号5.3m、ハリスが「ザイト磯フロロ2号」、ハリは「カン付きチヌ3号」。

従来のノマセ釣りのセオリーからするとハリスmハリともに小さめの設定ですが、私が立った表向き面の足元はテトラなどの障害物がなく根ズレによる心配がなかったこと、風の影響で仕掛を思ったところへ投入することができず着水時に生きアジを弱らせてしまうことが想定され、極力アジに余計な負荷がかからないようせめてでもハリやハリスは細くし、少しでもアジが元気に泳いでもらうことで青物へのアピール力が高まると思い、ゆえに小バリの細ハリスに至った訳です。
それぐらい、ノマセ釣りにおいて生きエサの鮮度は喰いに影響すると経験上認識しており、鮮度のよい生きエサを持つ者が釣果を制すと言っても過言ではないと思っています。

1.5号の磯竿にしても、風の抵抗を少しでも軽減し、操作性、振り抜けに優れるからです。
とにかく取り込むことより、喰わすことに重きを置いた上で釣りを開始。

風が緩むタイミングを見計らって仕掛を投入するよう意識し、仕掛を流しアタリを待っていると、またしても奥野さんから「カレイが釣れたよ」と声が掛かってきました。

釣れてきたカレイは先程とほぼ同時サイズ。
仕掛は「胴突カレイ・アイナメ」を使用。
関西では胴突仕掛での投げつりは馴染みが薄いですが、奥野さんいわく、案外テトラ付近にカレイが潜んでいることもあり、今日のような風が強く投点が定まりにくい時は胴突仕掛も有効かと思い、投げたところカレイがヒットとのこと。    

昨今、神明間(神戸~明石界隈の間のこと)ではカレイの魚影は年々薄くなり、何回釣行しても中々カレイに巡り合えないことも多分にありますが、釣り方や狙うポイントにこだわらず色んなことを試し固定概念にとらわれない事で、カレイへ巡り合える率がアップすると実感した次第です。

この釣果に触発され、私自身も頑張れねばと思い、風が吹きつくなか粘り強くウキを馴染ませ泳がしていると、ウキが沈む前にラインが走りだしので、一呼吸おいてフッキングすると、青物特有の引きが竿全体にのしかかりました。

心地よい引きをゆっくり楽しみながら無事にハマチをゲット。

正直なところ、先に奥野さんに本命のカレイが連チャンし焦っていたのですが、本命の青物が釣れホッとしたのは言うまでもありません。

そしてこのハマチが釣れたことにより狙うコースやライン操作のイメージが何となく掴むことができ、その後も連続してハマチを釣り上げることに成功したので、内向きでサビキ釣りを満喫している井上さんに声を掛け、ノマセ釣りをチャレンジしてもらいました。


風が強いので仕掛は私が投入。
釣り方を説明しているとしばらくしてウキを消し込むアタリが。
井上さん、船釣からのジギングやノマセ釣りでは青物を釣り上げているのですが、堤防の上から磯竿を使っての経験はなく、長い磯竿のやり取りに四苦八苦しながらもハマチを釣り上げることに成功。

この後、更なる追加を求めて粘ってみますが風は更に強まり、その影響で海水が濁りだし、青物の気配がなくなったので、11時頃納竿としケーソンを後にしました。

今回はあいにく風が強く釣りにくい状況でしたが、青物については生きアジが確保でき、風さえなければ良い釣りができそう。
ハマチと言わず、メジロ・ブリも期待大。
投げ釣りは、私たちが行った翌日に40cmオーバーのカレイが釣れ、探り釣りでもカワハギが釣れてます。
本荘ケーソン、まだまだたくさんの魚が狙える時期なので、ぜひ釣りに来てみては。

余談ですが、釣行後、近くのラーメン屋に立ち寄り、その際、奥野さんより、「井上さんは女優の波瑠(はる)さんに似ているね」と言われ、まんざらでもなさそうな顔が印象的でした(笑)。

 

スタッフ 萩田大輔