インストラクターブログ

Blog

秋の池原ダム釣行1日目 2020

みなさん、こんにちは。
スタッフの喜多です。
今回は9月19日(土)、聖地・池原ダムへ釣行した際のレポートになります。
今回もクラブ池原さんにお世話になりました。
今年は例年に比べて水位が高いようで、決していい状況ではないとのこと。
6:00にスタートフィッシング。

まずは白川筋を上っていくことに。
魚の状況を把握するのと良型を狙いたかったのでブリキンスイマーから開始。

引き波を立てながらリトリーブし、魚にアピールしますが、反応なし。
チェイスもないため、魚のポジションが深いのではと思い、ロングカーリー7.8″のヘビダン(5g)で少し深いレンジをスイミングさせながら狙ってみます。
しかし、反応なし…
午前中は中川に1チェイスあったのみで、気づいたらお昼間近に…いつものようにヤバい雰囲気が漂ってきたので白川筋に見切りをつけ、昨年、好調だった本流筋へ移動。
急激なブレイクが絡むエリアを攻めていると、すぐに中川がHIT!!
上がってきたのは元気いっぱいのナイスバス。

使用ルアーは…ジャスターフィッシュ3.5″のピュンネイルリグ。シンカーは0.9g。

続いて私にもHIT!!

ジャスターフィッシュ3.5″のDS(2.6g)、カラーは#コアユでした。

リザーバーは野池などには少ない急に深くなるポイントが多いです。
ダウンショットはボトムの釣り、まずはしっかりとボトムをとらないとなかなか釣果にはつながりません。
キャスト後、ラインを張りすぎてしまうとカーブフォールになりやすく、ボートポジションをとっている深い方へ寄ってきてしまいます。
結果、ボトムがとれないということになりかねません。
そこで、キャスト→着水後はラインを張らず、たるませた状態でラインの動きを確認します。
ラインが動かなくなるとボトムについたことになります。
※どうしてもわからない場合はシンカーの重さを普段使用しているものよりも重くすると分かりやすいですよ。
着底を確認後、アクションを開始します。
ジャスターフィッシュのアクションのコツはラインを張りすぎず少したるませながらシェイク、ストラクチャーに軽く引っかかった場合はラインを張り気味にステイ&シェイクが効果的。
低比重マテリアルと背中のエアーホールのおかげで水中姿勢が安定し、バスに違和感を与えにくいルアーです。

ここから怒涛のラッシュが続き、午前中の沈黙がウソのような釣果となりましたが、なかなかサイズが伸びません。

同じようなシチュエーションを探し移動し、私がアベレージサイズを追加していると、中川が回収中のネコリグに良型がチェイス!!
残念ながらバイトにはいたりませんでしたが、この日は早い動きに良型が反応しているように感じました。
その後もアベレージサイズは釣れるものの結局、良型を仕留めることはできませんでした。

 

別のボートで出ていたスタッフ奥野はストレートワーム3″のネコリグ(0.6g)でアベレージサイズはかなり釣れたようでボート屋さんも驚いていました。
苦しいなかではありましたが、なんとか状況にアジャストできたのではないのかなと思いました。
強いて言えば、良型を1本獲りたかった…釣り人の欲は底がしれません。
ですが、大自然に囲まれて釣りをしてるだけで癒されるのも醍醐味のひとつです。
みなさんも少し日常から離れ、安全第一に釣りを始めてみてはいかがでしょうか。

【タックル】
・スタッフ 喜多
■使用タックル(ダウンショット)
ロッド:スピニングロッド6.6ft #UL
リール:スピニングリール2500番
ライン:フロロ4.5lb
リーダー:フロロ4lb
ルアー:ジャスターフィッシュ3.5″ #コアユ #青ジャコ
フック:バマスフック 4番
シンカー:DSタングステンシンカー2.6g
撚り戻し:Wクレン 22号

・スタッフ中川
■使用タックル(ピュンネイル)
ロッド:スピニング 6.4ft #UL
リール:スピニング2500番
ルアー:ジャスターフィッシュ3.5″
フック:バマスフック 4番
シンカー:タングステンネイルシンカー0.9g
ライン:PE 0.6号
リーダー:フロロ4lb

■使用タックル(ネコリグ)
ロッド:ベイトロッド6.6ft #M-S
リール:ベイトリール HG
ルアー:ストレートワーム10″
フック:ジャングルワッキー #1
シンカー:タングステンネイルシンカー 1.8g
ライン:フロロ12lb

・スタッフ奥野
■使用タックル(ネコリグ)
ロッド:スピニングロッド 6.3ft #L
リール:スピニングリール 2500番
ルアー:ストレートワーム3″
フック:バマスフック #10
シンカー:タングステンネイルシンカー 0.6g

 

スタッフ 喜多 祐樹