インストラクターブログ

Blog

ダツカニ合戦

同僚2人と鳥取県へキスの投げ釣りに出かけました。

午前6時頃にポイント周辺に到着。
海岸線はキスを狙う釣り人でいっぱいです。
空いているところを探して気高町の漁港脇の砂浜に入りました。

 

仕掛はマシーンキス3本を使用。

この仕掛けは中間に小さいサルカンが設置してあり、巻き上げ時の仕掛けのねじれや絡みを防いでくれます。
手返しの数が釣果に直結する釣りなので、トラブルを最小限に抑える事が重要です。

 

エサの石ゴカイ(砂虫)を付けて100mほど先へ投入。
そこから海底の変化などを探しながらゆっくりと引いてきます。

が、、、

まさかのアタリ無し。。。

巻き上げてみると5~6cmのワカサギサイズが。。。
成長を願いながらリリースします。。

その後も投げ続けますがアタリの分からないようなワカサギサイズばかり。。
10cm以下はリリースというマイルールがあるのでなかなかキープできません。

同僚もイマイチな状況なので、もう少し粘ってみてダメなら移動しようという話をしているとコレ。。。(笑)

全員一致で移動決定(笑)

 

最初のポイントから1kmほど東へ移動。
午前8時

同じくながーーーーい砂浜です。

30mほど沖に波の立ち方が違うところがあったので、海底の地形に凹凸があると予測してまずこの周辺を探ります。
こういう波や潮の色、地形などに変化があるところは魚が集まっていることが多いので、見つけたら積極的に狙ってみてください。

魚を散らさないようにまず50mほど沖へ投げて手前へ引いてきます。
するとやはり30m沖あたりまで引いてきたところで先ほどまでとは違う明確なアタリが!
掛かったキスがブルブルと竿先を震わせて暴れてくれているので、このまま2匹目3匹目が掛かるのを待ちます。
掛かった魚が暴れることによって、残りの鈎が不規則に動いて誘いになります。
クリンチキスという掛かったらバラさない形状の鈎を採用しているので掛かった1匹目も逃がしません。

しばらく引き釣りをしてから巻き上げてみると15cm前後のまずまずサイズがダブルヒット!

ここがチャンスと見て仕掛けをマシーンキス4本に変更。
鈎の本数を増やして前半の遅れの挽回を図ります。

ここから全員入れ掛かり♪
サイズは10~18cmながらもコンスタントに釣れ続きます。

3連!

 

4連!(フグ混ざってるけどw)

 

途中でなぜかダツが掛かってきたり(笑)

 

終わってみると3人で100匹超えの大漁。
私もサイズを選びながら27匹をキープ。

午前11時に納竿とし、夏を満喫する釣行となりました。

 

帰宅後、早速釣りあげたキスをいただきます。
キスは天ぷらが王道ですが、今回は15cmサイズがメインという事で南蛮漬けにしました。

中骨は少し高めの温度で素揚げにして塩をまぶしてやると最高の酒の肴になりますよ♪

捨てるところが無いのもキスの良いところです。

 

ファミリーで行っても簡単に釣れる魚種なので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください。
当日は鬼のような暑さで休憩しながらの釣りでした。
皆さんも釣行の際はくれぐれも熱中症対策を万全にしてくださいね!

■釣行日…8/29(土)

スタッフ 後藤一公