インストラクターブログ

Blog

本気のライトキスに「マシーンキス」。淡路島釣行記

いつもスタッフブログを楽しんでくださりありがとうございます。営業スタッフの吉成です。

5月のことでした。関西エリアを放送圏内とする、サンテレビ「ビッグフィッシング」の収録が淡路島で実施されることになりました。その前日の下見釣行のことを書いてまます。

5月の収録というと大阪湾、関西近郊の鱚には時期的に少し早く、本番で釣れるかどうか自信がないため、前日に有休をいただき下見釣行に行きました。
子供のころから慣れ親しんだ淡路島のこと、脳内にはいくつかの釣り場がすぐ候補として浮かびましたが、さてさて、5月の淡路島、鱚はいるのでしょうか?

淡路島エリアは大きく分けて、北淡周辺(明石海峡に近い)、西浦(瀬戸内向き)、東浦(大阪湾向き)、南淡(四国向き)とあり、時期的には南淡の城方・土生周辺の海岸や阿万・吹上の浜などは例年ならほぼ安全パイ。釣れ始めている可能性が高いのですが、下見に使える時間が限られていることから北淡と南淡はやめて主に西浦と東浦の交通至便なポイントからピックアップすることにしました。

昔良い思いをした洲本一文字や、大浜海岸、由良の湾内、都井、都志、船瀬など6か所回ってみることにしました。例年なら5月とはいえすでに鱚は釣れるはずです。

ところが、驚くべきことに一切鱚の反応なし。いくら五月とはいえ、これはおかしい。
けれど仕方がないので夕暮れギリギリに一番安全パイの津名港へ。
さすがに津名港の港内ならなんとかなるだろうと、いつもの有料駐車場から延びるカーブした波止へ行きやっと鱚が2尾釣れて、ほっとしたものの、あまりにもサイズが小さい。もう少し型の良い鱚が集まってるところが必ずあるはずと、。さらに探します。

この時期は鱚はまだ動き回っていません。
湾内のちょっとした小石の周辺でまるでベラのようにゆっくり居ついたりしている時期です。
特定のピンポイントに集まっている鱚を、スイーディーに探ります。

「自転車が欲しいな」と思いました。
港内をくまなく探るためには、車では効率が悪く、徒歩で走るように探っていきます。
「明日は収録なのに、ピンギスしかいない。これはやばい、、」焦ってきます。

結局、鱚が連発したのは、想定外のウルトラ激シャロー、志筑川の中でした。
もう日が落ちるギリギリです。
潮が引けばそこは露出して川底になるような、水深30cm~50cmの超浅場。ウルトラシャローで、アタリがでるのはほんの3畳くらいのピンスポットが2か所くらい。
おもりの着水音がすると鱚が散ってしまいますから、竿は堅めのメバリングロッドにし、おもりをホリデーライナーの3号まで落とし、鱚のいるスポットの向こう15mくらいに着水させてから、鱚のいるスポットまで仕掛けをさびいてきます。
こういう繊細でオモシロイ駆け引き的な釣りが可能になるのもライトタックル鱚の良さですね。
すごく面白いです。

活性が低いのか、アタリがあっても半数はハリに乗りませんが、仕掛けをショートロッドのための専用仕掛け「マシーンキス」の7号から6号に落とし、さらにはフックにプライヤで「ひねり」を少し入れ、鱚の口に引っかかりやすくして、6尾がパタパタと釣れました。
なんとなく、ここでなんとかなりそうな確信を得ましたので、この日は安心して宿に入り翌日の撮影に備えて早めに就寝しました。

 

肝心の本番は、この下見が生きてされうまくいきました。下見してなかったら大変なことになっていました。下見は大事ですね(^^)

ちなみに「マシーンキス」の企画背景を少しお話しさせていただきます。

マシーンキスという商品名の由来は「ライトタックルでマシーンのように(手返し良く)キスを釣りまくる」という狙いから来ています。
かなり本格的な「ショートロッド派が求めるキス専用機能を追求した本格仕掛け」と結構マジなものです。
以下にその特徴を記します。

①【 多本数バリなのに、15パーセント短い全長 】マシーンキスには3本と、4本がありますが、3本が1.4m。4本が1.7mと、それぞれ通常よりも15パーセントくらい全長を短くした中でバランスよく(←ココ大事)寸法を整えています。ショートロッドでも、仕掛けが足場に垂れることを防ぎ、投げやすい。
また、鱚を回収したり、餌をつけたりの動作がすべてやりやすくなります。

②【 伸び率の高い幹糸を選択 】幹糸に使用したナイロンはとくに伸びのあるものを使用しています。これは今回のような低活性でも違和感なく食い込みを促すことと、もうひとつ掛かった鱚がバレないようにしたいという狙いからです。これも今回のように水深も浅く接近戦の場合は鱚の暴れでハリが外れやすくなりますが、いくばくかでもそれを抑える効果があったと思っています。

③【 上バリのハリスを長くしています 】
カレイや鱚は下ばりに掛かる確率が高いと感じます。やはりおもりから離れているほうが自然に漂う餌に近いナチュラル感があるからではないでしょうか。そんなことから飛行中に絡まない範囲で上ばりになるにしたがってハリスを長く設定しています。
マシーンキス4本は2本目、3本目、4本目それぞれが3㎝→4㎝→5㎝と段階的に長い、段々ハリスになっています。
マシーンキス3本は2本目、3本目それぞれが4cm→6cmとなっています。
3本の上ばりが6cmにできたのは天秤のアームからの長さを考えても絡んだらい、飛行中にぶれる心配が4本と比較して少ない理由からです。

④【 一番下ばりはピンクハリス 】
外道が掛かった時など仕掛けが絡んでしまうことがあります。また、通常竿置きを用意しないライトキススタイルの場合、竿は脇で抱えたまま手持ちで処理しますが、そんな時でもどれが下ばりか認識しやすく手持ちのまま絡みをほどきやすくなっています。

⑤【 幹糸に高精度超小型スイベル 】
ヘラブナ用の超小型高回転スイベルを幹糸の途中に配置してあります。この効果は絶大で、魚を回収中に高速回収しても仕掛けに縒りがかかることを防ぎ、キス専用の細いハリス設定を可能にしてくれます。PE1号以下、リーダー5号以下。エギングタックルあるいはショアジギングタックルなら100mという飛距離が出るのが今のライトタックルキス。例えば100m投げて70m地点までの30mでサビきキスをかけたら、残り70mは回収だけ。
ここを早くトラブルなく手返し良く釣れるかどうかは、最終釣果に大きく関わってきます。マシーンのようにどんどん手返し速度を上げてくれるのがこのスイベルです。小鯛やカワハギ、ベラや虎ハゼ、テンコチやオコゼ系など、仕掛けが撚れやすい回転系の外道が掛かった時も効果はとても大きくなります。

⑥【 キス専用ファインフック「クリンチキス」】
キスの吸い込みやすい細身フォルムで、バラシにくいクリンチ形状のフトコロ。警戒されにくいつや消しの茶焼きカラー。キスを外しやすいややロングシャンク。
五目を求めるフックではなく、あくまでもキス専用仕掛けとしてフックも専用品で鱚に対して万全です。

⑦【 チモトにはウーリー 】
上ばりにはチモトにオレンジウーリーを配しています。これによる効果は4つあります。ひとつ目はハリがつまみやすく餌付けが迅速になること。2つ目は
ここに餌のエキスが残り続けカラばりになっても匂い効果が持続すること。3つ目は浮遊感を自然にすること。最後は目立つので誘魚効果ですが、外道にアピールするときは
カットしていただくこともできます。

おおむね以上のような狙いが、「マシーンキス」仕掛けです。
一見手軽なライトロッドでも、手返しを極めていけば強烈な釣果を求めることが可能ですし、釣りに不可欠な「釣趣」にも溢れています。
手持ちの竿ですぐにでも釣りに行ける。しかも本気で鱚だけを狙うこともできる。
そんな仕掛けを目指してマシンキスは誕生しました。

秋が近づき、鱚シーズンも本格化してきます。皆様も良い釣りを!長文失礼しました。

 

スタッフ 吉成秀人