インストラクターブログ

Blog

淡路メバリング

こんにちは。スタッフ渋谷です。
今回、新規ポイントのメバルを求め淡路島に探索に行ってきました。

淡路島の東面を探索する目的で、グーグルマップでポイントの目星を付け、タイドグラフで潮汐を確認してポイントを回るルートを決めていきます。

日が暮れたタイミングでエントリーします。潮がガンガンに流れているタイミングでしたので、本流のポイントを外し、漁港周りをランガンしていきます。

何か所かチェックしますが、小型のみの反応。

潮止まりのタイミングで本流ポイントに移動します。

このポイントは砂メインのぽつぽつ岩礁ありで、潮が効いているタイミングではぶっ飛んで釣りになりませんが、緩んだタイミングで青メバルの回遊がある実績ポイントです。

どこかのタイミングで回遊してくるであろうメバル狙いなので、とにかく遠投し広く探る作戦で、遠投の効くシンペンorフロートリグで組み立てていきます。

フロートリグで潮に乗せながらゆっくりリトリーブしていると、モソッと違和感アタリ。

狙い通りの青メバルのヒットです。

同じ釣り方で続けて。

パターンにはまったのもつかの間で潮が動きだし、気づけば激流に。

流速が早すぎて思い通りにコントロールできなくなったため移動します。

漁港周りをランガンしていきぽつぽつと追加。

フローティングミノーのアクション後ロングステイでパチャと出てくれました。

トップ的な使い方のルアーにはST-11がおススメです。

ラインテンションが効かない分、鈎の性能がフッキング率に直結するので、是非使ってみてください。

逆に大型メバルがでる場所ではST-26
根回りで強引なファイトが必要な場面の大型メバルや、シーバスが交じるシュチュエーションであれば、ST-36STX-38が小型サイズの番手もあり強度も確保できておススメです。

画像は左から右にかけてパワークラスが強くなっていきます。

今期目標の尺メバルを目指して、各地のいろんなフィールドで修業したいと思います。

■釣行日…3月初旬

■タックルデータ
ロッド:6.8フィートライトクラス
リール:2000番
ライン:PE0.4号+磯フロロ1.25号
ルアー:アジ弾丸1.0g~1.8g、1.5~2インチピンテール系ワーム、3~5cmメバル用プラグ
その他:遠投用フロート、一手スナップ#SS

スタッフ 渋谷強志