インストラクターブログ

Blog

キャスト&ジギングで狙う八里が瀬のヒラマサ、ブリ

こんにちは。スタッフ渋谷です。
今回、同僚と八里が瀬にヒラマサをキャスト&ジギングで狙ってきました。

八里が瀬といえば釣り人憧れの漁場であり、山口県の萩沖にある見島から北に8里、約30キロに渡って伸びる瀬から八里が瀬と呼ばれるようです。

釣れる魚種はマグロやヒラマサ、ブリ、クエなどの根魚、ヒラメ、タイなど様々な高級魚が生息しており、釣り人にとって夢のようなフィールドです。

情報では20キロ、30キロ級の釣果も実績が多数あり、今回もレコードフィッシュの期待を持っての釣行となりました。
お世話になったのは長門市油谷の健洋丸さんに2日間お世話になりました。

初日は波風の影響もあり、汐巻へ向かうことに。
ここでも過去数多くのモンスターヒラマサがキャッチされているとのこと。

4時半に港を出港、ポイント到着は6時頃でした。

まずはキャストで狙うことに。

健洋丸さんでは釣り座をクジ引きで決め、順番にローテーションで釣り場を回っていくので乗り合いでも気兼ねなく釣りをする事ができます。

この日は波気もあり、潮もよく流れ、トップに出てきてくれそうな雰囲気でしたが、魚からの反応はありません。

しばらく実績場を回ってもらい、あの手この手で投げ続けましたが、反応なく、ジギングをすることに。

ジギングには小ヒラ、メジロの好反応で、多数のキャッチです。



ジグは潮の状況で、セミロング系のジグを200g~100gを使用。
潮が緩んだタイミングではドテラ流しでも100gほどでも釣りができました。

アシストフックはジガーミディアムブルーチェイサーを使用、最初は#9/0を使用していましたが、アタってくるもののいまいちフッキングに至らず。

どうやらバイト時の吸い込みが弱く大鈎のウエイトではいまいち吸い込みきれていないようです。

春時期はマイクロベイトをベイトとしてこのようなパターンがあります。
フックサイズをブルーチェイサーの#5/0のダブルセッティングに変更。
フックを軽くし、弱い吸い込みに対応にフッキング率を上げる作戦に。




これが成功で、そこからはほとんどのアタリをとらえる事ができました。
ヒラマサの数釣りを堪能し、夕マズメはキャストで一発大物を狙いましたが、反応なくこの日は終了することに。

次の日に備え、早々に宿で就寝しました。

翌朝4時に八里が瀬に向けて港を出ます。
6時頃に八里が瀬に到着。
まだ薄暗い中、モーニングのプライムタイムを逃さないよう、キャストです。
昨日はトップには反応なく、状況が分からないため240mmの大きめのペンシルで反応を見ることに。

すると1流し目でビッグバイトです。

ドラグも初期で13キロ設定と絞めこんでいましたが、ファーストランで滑っていき、船底へと走っていきます。
舟下で擦られないよう竿を突っ込んで耐えて船長に船を回してもらい、体勢を整えて浮かせます。
魚体を水面まで浮かせたところで掛かり所を確認、テールフックのみで掛かり、案の定突っ込まれたところで痛恨の身切れによるフックアウト。
この日は総じてそうでいたが、ほとんどがテールフックのみのフッキングで、後ろから追尾して喰うメジロのようなバイトパターンでした。

大物を逃した悔しい思いと、浮かせるまでのスピード感を調節できなかったの自分の未熟さを後悔します。
しかしまだ始まったところなので、気持ちを切り替え再度キャストです。

午前の間は潮風が合い、きれいに船が流れていきキャストでひたすらチャレンジできます。

昨日と打って変わり、毎流しヒットがあるような状況で、すこぶるヒラマサからの反応があります。
60~80㎝くらいのヒラマサを数釣りでき、楽しい時間が過ぎていきます。





間でジギングもしますが、さらにアベレージが落ちる感じで、夕マズメのキャストに気持ちが向きながらジギングをしているところで小マサとは明らかに違うアタリが。

ボトムから巻き上げ数回で喰ってきたため、根切りでゴリゴリ巻きます。
ヒラマサのサイズアップを期待しましたが、周りも同じタイミングでヒット。

おそらくブリだろうということで、ドラグを少し緩め慎重にファイトすることに。
先に他の人から上がり、やはり10キロありそうなブリです。

大型のブリの強烈な引きを堪能し、上がってきたのは11キロの大ブリ。
丸々としたコンデションの良いブリでした。


フックはブルーチェイサーの#5/0のダブルセッティングで2本いいとこにフッキングしていました。

うれしいゲストに満足し、夕マズメの大物に期待し、キャストします。

しかし、アベレージサイズは反応してくれるものの、大型は反応せず、夕方のドラマはお預けでタイムアップとなりました。

結果釣果的には大型は逃してしまったものの、ヒラマサ大漁、10キロアップのブリも交じりの八里のポテンシャルを存分に感じることのできた釣行となりました。

今期もヒラマサにマグロとレコードサイズに出会えるよう釣行していきたいと思います。

 

■釣行日…3月12日、13日

■タックル
キャスト用
ロッド:8フィート 4~7パワークラス
リール:12000~18000番
ライン:PE6~10号 ナイロン130~200lb
ルアー:トッププラグ16~24cm
フック:ST-66 #2/0~#5/0
その他:スプリットリングウルトラワイヤー#7~#10、ソリッドリング#7.5~#9

ジギング用
ロッド:6フィート 3~4パワークラス
リール:8000番
ライン:PE4~5号、フロロ18号~30号
ジグ:セミロング系100~230g
その他:スプリットリングウルトラワイヤー#6~#7、ソリッドリング#6

スタッフ 渋谷強志