インストラクターブログ

Blog

舞鶴沖のアマラバ

こんにちは、スタッフ今永です。

今回はアマダイ狙いのタイラバ、通称アマラバに行ってきましたので、その際のレポートとなります。

お世話になったのは京都府舞鶴市のアルカディア2さん。

朝イチは波風ある予報でしたので、ゆっくり午前8時前に出船。
約1時間ほど走り、100m越えのディープエリアに到着しました。
砂や泥底のポイントとなります。

このフィールドでは基本的に真鯛もアマダイも潮や風に船を当てて、流していくドテラ流しが主流となります。
そのため、必然的にヘビーウエイトのタイラバヘッドが必要となります。

この日もまずはチェンジアップヘッド200gからスタート。

通常のマダイ狙いのタイラバでは、感度にもよりますが、ボトムから30mほど巻き上げますが、アマラバではボトムから5mほどまで。
実際にはドテラ流しのため、ライン角度がついているので、10mほどの巻き上げとなります。

また、よりフレッシュなポイントを叩くため、ある程度底取りし直して、反応が無ければ、一度回収して、再度投入する方が効率よく探ることができます。

 

前置きが長くなりましたが、
期待を込めて第1投目!
エソ、、、

第2投目!
めちゃくちゃ引きますが、なにかが違う。
上がってきたのは巨大なマフグ、、、。

パッとしないので、思い切ってアピール力と波動を上げるため、チェンジストッパーを駆使し、ネクタイをチェンジネクタイストレート モスグリーンとグローの2本付け+フックにトレーラーとしてカーリーテールのワームをセット。

ボトムを2回叩いて、煙幕を出し、その後デッドスローで巻くことで、とにかく発見してもらうことを最優先し巻いていると

同様のパターンで幸先よく2つ釣れたものの、そこからまた無の時間。

反応がないので、強波動系な上記のセッティングから一転し、弱波動系のセッティングに変更。
チェンジスカート4本とチェンジネクタイ ストレートをハサミで半分にカットし、トレーラーワームには来月発売予定のドロメシャッドM サイズをセット。
このドロメシャッドは本来アジング用のワームですが、ソフトマテリアルでフッキングの妨げにならないことと、超マイクロテールが微波動を起こすので、このタイミングでセレクトしてみました。

そして狙い通り

その後も単発的ですがヒットしてきます♪

しかし、ここでパターン迷子に、、、。
ですが、隣にいた私の友人はいきなり連発モード。。。
しかも船中一人だけ。

悔しいので、秘密兵器投入!
今夏発売予定のスカートフック リアルスクイッド!
実は去年から、レンタルボートなどでこそこそテストしていたのですが、イカパターンの時やボトムの甲殻類を食べている時に絶大な効果を発揮することは確認済み。
ついプニプニ触りたくなる質感とプロト品を作っている時に部屋中に充満するほどの強烈なイカゴロ臭で獲物もイチコロってわけです笑

そして、投入すると実際本当にイチコロでした笑


その後もレンコや友人にマダイなどがヒットし、終わってみれば2人でこれだけの釣果でした。

マダイとはまた一味違うゲーム性とそして何よりの食味を味わえるアマラバゲーム。
是非チャレンジしてみてください。

■釣行日:3月18日

■タックル
1
ロッド:Sea Walk 65UL
リール:オシアコンクエスト300PG

2
ロッド:Sea Walk 61L
リール:オシアコンクエストCT 300PG

3
ロッド:自作スピニングロッド
リール:ステラ4000

ライン:PE0.8号300m+フロロ4号

タイラバ:チェンジアップヘッド 120~200g、チェンジアップ交換鈎 9~11号、チェンジストッパーチェンジスカートチェンジネクタイ カーリーストレート

スタッフ 今永航汰