インストラクターブログ

Blog

弾丸豊後水道の太刀魚レポート

こんにちは!スタッフ大東です。
今回は、弾丸豊後水道の太刀魚レポートです。

豊後水道は、夢のドラゴンフィールドとして近年注目のエリアで、ハイシーズンには太刀魚の群れでテンヤが止まるほど魚影の濃いエリアです。

そんな豊後水道も2月ともなると、オフシーズン間近で、流石に冬モードの難しい状況も増えてきます。

私の住む関西圏からは、遠征釣行となるためなかなかチャンスが無く、オフシーズン間近の2月1日に日帰り弾丸ツアーでの挑戦となりました。

お世話になったのは、広島県竹原市より出船の『スカイマリン』さん。

豊後水道遠征便コースで乗船。
移動時間に仮眠を取れるので、弾丸ツアーでも体力的には安心です。

関西圏から広島までだと、片道車で約3時間半~4時間、豊後水道まで船で約2時間半と移動だけで、約6時間となりますが、単身釣行なら、交通費の面を考えても1日休みがあれば、挑戦出来るプランです。

当日は6時30分に竹原明神岸壁を出港。
ポイントへは9時過ぎに到着。

タナが深いため、テンヤは80号、メインラインPE1.5号指定。(ヒットレンジが深いため80号指定となりました。時期、出船エリアによっては指定号数が異なりますので、事前にご確認下さい。)

一流し目は、水深216mで指示棚は190m~180m

太刀魚テンヤの釣りでは、未知の水深ですので、釣り方、道具立ても手探り状態。

用意した、スロージギング用の6オンスに電動リール600番(PE1.5号400mリーダーフロロ8号2m)、よれん船太刀魚リーダー16号50cm&掛獲船太刀魚テンヤ80号グローでスタート。

エサは、釣れる魚のサイズ、水深、テンヤの姿勢を考慮して、サンマの上に大きめのイワシをセット。

他に、サンマ2枚のせ、イワシ単体をセットした物を用意。(水深、太刀魚のサイズが大きいため、エサ持ちを重視したエサがオススメです。)

手返しを考慮して、事前に複数のテンヤをセットします。

おまつり回避のため、船長の指示で、テンヤを一斉に投入。
ひとまず、底へ落として、様子を探ります。

しかし、思っていた以上に、水深、テンヤのウェイト、潮の影響でテンヤを動かせません。

しばらくシャクってみますが、ロッドパワーが足らず、ジャーク系の誘いが使えないので、巻き&止めで誘う、ストップゴーに切り替えます。

そうすると、幸先良く、竿先に食い上げる明確なアタリがあり、フッキング!

上がってきたのは、豊後水道では物足りない指3.5本サイズ。
まぁ、1本目だしと気を取り直し投入。
(あくまで狙いは指10本なので・・・)

ただ、思いの他、アタリがでず、厳しい状況。

たまに当たっても、ファーストタッチのみで、追ってくる気配がありません。

ジギングロッドでは、僅かな竿先の変化が見にくかったのと、テンヤウェイトに対してパワー不足だったので、移動のタイミングでロッドをチェンジ。

自宅にあった50号負荷8:2調子、全長80センチ程の超ショートロッドに変更。

水深、指示棚はほぼ変わらず。
ショートロッドは、しっかりシャクれるので、ジャーク系の誘いを中心に反応を探ります。
散発的ですが、微妙なチョンアタリがあり、追わせてみたり、掛けにいったりしますが、掛かりません。

どうやら、竿が短過ぎて、水深や、糸の伸びで、合わせが効いていない様子。

ショートロッドを諦め、普段のテンヤ竿にチェンジ。

明らかに、オーバーウェイトですが、 前の2本の竿よりは、アタリも見易く、アクションも付けやすいので、ひとまず釣りを続けます。

船長からは沢山太刀魚の反応が映っているとアナウンスはありますが、ご機嫌ナナメなのか、中々アタリが出ません。

そんな中、微速巻き&ジャークを試してみると、アタリが連発!

パターン発見で、もらったと思ったのですが、追いが無く、中々ヒットに持ち込めません。
食わせられないので、掛けに行きますが、こちらも思うように掛かりません。

水深とテンヤの重さで、並の合わせでは掛からないのです。

アタリがあれば、とにかく思い切り合わせますが、喰いが浅く掛けても、バレる。

そして魚が大きいのか、数回のアタリでエサは空っぽに・・・・
完全に弄ばれ、時間だけが過ぎて行きます。

終了間近に、潮が動き出し、大型のチャンス到来。

水深は226m。反応は200m~190m。
底から10m上げた所で、竿先を押さえ込むアタリ!思い切りフッキングすると、今までに経験した事ない強い引き。

引きを、いなしながらやり取りしましたが100mを切った所で口切れで、夢の大物は海へ帰って行きました。

その後、アタリは続いたものの、納竿の時間となり、うしろ髪引かれる思いで、豊後水道を後にしました。

帰りの2時間半は、爆睡しながら帰港。
睡眠欲を満たした後は、食欲をという事で、お好み焼き(広島風)を食し、お土産に生もみじまんじゅうをゲットして、弾丸豊後水道チャレンジは幕を閉じました。

今回はシーズン終盤という事もあり、難しい状況でしたが、秋のハイシーズンは、太刀魚の反応も上ずり、釣りやすくなるとの事でした。

普段のフィールドとは違い、タックルバランスや、誘い方、合わせ方など、色々試行錯誤しながら、釣りができ、釣果は伴いませんでしたが、非常に楽しい釣行となりました。

また来シーズンにチャレンジしたいと思います。

 

■タックル
竿: 太刀魚テンヤ用8:2調子
リール:電動リール600番(最低でもPE1.5号300m以上巻けるもの)
リーダー:フロロ8号
先糸:よれない船太刀リーダー16号50cm
テンヤ:掛獲船太刀魚テンヤ80号

スタッフ 大東(おおひがし)哲也