インストラクターブログ

Blog

太刀魚バトル vol.2

●釣行日:2019年12月8日
●お名前:綱崎恭平
●ポイント(場所):豊後水道(愛媛県宇和島市、大進丸さんにて出船)
●使用商品名・号数(使用鈎・仕掛・ルアーなど):掛獲船太刀魚テンヤ60
●魚名:太刀魚
●全長:未計測 cm
●重量:未計測 kg

 

こんにちは!

自身が企画、開催しているイベント太刀魚バトルのためいつもお世話になっている
愛媛県宇和島市の遊漁船、大進丸さんで豊後水道へ出掛けてきました。

イベントについては太刀魚が初めての方もおられたのでシーズン初めから釣行会を
3回開催して練習していただき、練習の成果を発揮していただけるよう大会を2回開催。

今回はその2回目の開催でした。

なお、主催者とは言え自分も参加者です。笑

 

順位は5匹の重量勝負なのでなるべく大型に照準を絞って狙います。

前回の傾向から大型は大きいエサ、スローなアクションに反応が良かったので
テンヤは掛獲船太刀魚テンヤの60号、エサは大きいカマス、アクションはスローの
ただ巻き、反応がなければ軽くロッドを煽って長めのステイでアタリを待ちます。

すると1投からアタリがありF4強クラスがヒット!

 

豊後水道ではこのサイズでも小さい方なのでさらなる大型を狙います。

途中、エサ盗りのサバフグが出たのでエサを変更。

エサ持ちを良くするためイワシを皮と身が硬い太刀魚の尻尾でサンドイッチします。

このエサで数を稼ぐことができ、サイズアップのF5クラスを数本追加しました。

しかし、しばらくするとアタリが遠のいたためエサをカマスに戻すことにしました。

すると、反応が良くなりコツコツと小さいアタリが出始めました。

即合わせせずイメージはコツコツがガブガブに変わるまでゆっくりと巻き続け、
アワセを入れてフッキング成功!

サイズアップとなるF6クラスをゲットすることができました!

 

そして、大会結果の方は2位、みなさん釣れていたのはF5クラス以上ばかりで豊後水道
らしいサイズばかりでハイスコア戦となりました!

 

 

豊後水道のドラゴン太刀魚シーズンはまだまだ続きます。
他のエリアとは比べ物にならないくらいアベレージです。

是非、1度遊びに来てくださいね。

なお、150~200mの非常に深いポイントがメインとなりますのでテンヤは50号以上が必須です。

中でも掛獲船太刀魚の60号が非常に使いやすく大会参加者の皆様にも大好評でした。

ただ重いだけでなく薄型のヘッドを採用しているので水切れがよく操作性抜群で
引き重りも少ないので扱いが楽です。

さらに、フォールも速くて底取りも楽で深いポイントばかりの豊後水道にはピッタリのテンヤです。

ハリの刺さりや強度もバッチリですので是非、使ってみてくださいね。