インストラクターブログ

Blog

見島沖八里ヶ瀬キャスティング釣行2日目

こんにちは!スタッフ大東です。

藤岡のレポート続きの2日目レポートです。

大政を狙うべく、山口県長門市川尻港の『寛漁丸』さんで2日目もお世話になります。

初日は見島泊だったので、しっかり体力を回復して、2日目に挑みます!

ポイントは八里ヶ瀬。
昨日は、大型をキャッチしているので、朝マズメのチャンスタイムに期待して、キャスト開始です。

このエリアでは、例年10月~11月がシイラパターンと呼ばれる、大型魚が、シイラを追いかけてボイルを見せる熱いシーズンです。冬はサンマが入ってきて、サンマパターンに突入していく感じですが、今年は水温が高く、まだシイラは残っていましたが、パターン感はなし。

釣行前に入ってきたサンマのパターンとも言えない感じのタイミング。

今回はどちらのパターンと言える様な明確な感じではありませんが、大型を狙うべく、220~240mm大型プラグを投げまくります。

小型は依然元気で、場所によっては、プラグを取り合う位高活性。
とりあえずキャッチで一安心。

その後、小型の活性が落ち着き、潮止まり直前のタイミング。
ここで、単発ながらバイトで、メンバーに連続ヒット。

残念ながら私にはバイトのみで、フックアップせず。

前日のパターンでも、潮止まり前後でチャンスがあったので、次の潮の動き出しに期待して、チャンスを待ちます。

よくトレブルフックとシングルフックどちらが良いですか?と言う質問を受けます。

トレブルフック
→バイトに対してフックアップ率が良い。

シングルフック
→フックアップ率は悪いが、掛かり所が良い。リリースするなら魚へのダメージが少ない。

メリットだけを簡単に書きましたが、ルアーアクションなどを意図的に変えるならシングルフックの選択肢も有りですが。

 

数少ないチャンスで、少しでも魚とファイトしたいので・・・
個人的にはもっぱらトレブルフックを使用します。

 

話は逸れましたが、後半戦。
後半戦は思っていたより、潮が行かず、反応がありません。

ここで、前日良かっエリアに大移動。
夕マズメのチャンスに備えます。

 

移動後も、思っていたような反応なく時間だけが、過ぎて行くなか、内田氏がプラグシルエットを落として、良型をゲット!

 

その後もキャストを続けますが、チャンスなく終了となりました。

これからはサンマがメインベイトで楽しめると思います。
皆様も挑戦してみてください!

■釣行日:12/6~12/7

■使用タックル
ロッド:エクスプロージョン5~7パワー
リール:4500番
ライン:PE6~8号
リーダー:130~170lb
ルアー:ブルーフィッシュ100
フック:STX-68 #4/0~5/0
その他:スプリットリングウルトラワイヤー#8