インストラクターブログ

Blog

大型に狙いを定めた船太刀魚テンヤゲーム

こんにちは、スタッフ大東です。

今回は、お取引先様にお誘い頂き、船太刀魚テンヤに行ってきました。

今シーズンの大阪湾太刀魚は昨年とは違い、個体数が少ないのか、餌が少ないのか追い気がなく、少し濁り等の悪条件が重なると、一気にご機嫌ナナメになる印象です。

ですので、今回は小さい潮回りを選び釣行してみました。

お世話になったのは、大阪府泉佐野市食品コンビナートから出船の『漁幸丸』さん

 

ポイントは洲本沖と呼ばれるエリアです。

 

朝一は潮が速く、80mラインからスタート。
今回は大型に狙いを定め、動かすジャーク系の誘いを封印し、微速巻きと呼ばれる、ゆっくり巻きながら、アタリを出すスタイルで挑みます。

竿も食い込み重視の7:3調子の柔らかい竿を使用。

スタートからゆっくり巻き巻きしていると、コッンとアタリ。

アタリがあっても慌てず、ゆっくり巻き巻きしていると、コッン、コッンと追いかけてきますが、中々引き込む様なアタリになりません、そこで、少しずつ巻き速度を速くしていき、一気に速い巻きを入れると(餌が逃げてしまうイメージで)グングンと本アタリ、ききアワセを入れて、タチウオの引き込みを堪能し、上がってきたのは、まずまずクラス。

掛獲船太刀魚テンヤは乗せの釣りでも非常に使い易く仕上がっています。

とりあえずは、1本で一安心。

その後も、ポツポツアタリが有り、小型を数本追加。

横の席、後ろの席でやっていた後輩達は、ジャーク系の誘いを入れて、バンバン掛けています。そして上がってくるサイズもメーター近い指4本クラスばかり。
どうやら今日は早い動きの方がアベレージが良さそうです。

 

通常、大型を狙う際は、あまり動かさず、スロー巻きや、ロングステイ等が実績が高いので、後輩達のラッシュを見ながら、我慢の微速巻きを続けます。

しかしサイズは上がりません・・・
この日はゆっくりだと、小型が追い付き補食、速い動きは小型が付いていけず、中型以上が補食といった感じだったので、微速巻きを諦め、速いジャークで掛けて行く釣りに変更。

しかし、時既に遅しで、長い沈黙モードに突入。

船中もポツリ、ポツリは釣れていますが、厳しい感じです。

 

潮が緩くなったタイミングで、140mラインの深場へ。
深場はアベレージが良い事が多いので、ボトム中心に探ります。

大型(ドラゴンサイズ120cm以上)は底付近、もしくは、アタリ棚の上に定位している事が多いように思います。

理由としては
①一番速く餌を食べられる(上にいる場合)、②動かずに、落ちてくる餌を労せず食べられる
③小型のタチウオを補食するので、その下側に位置していると考えられます。

タチウオに限らず、他の魚種でも大型はこういう傾向にあると感じます。

ですので、大型を狙う際は棚が重要なポイントとなります。
型を狙う場合は、棚と誘い方がポイントです。

 

終了まで1時間を切った頃から時合い突入!
メーターオーバーを追加して、納竿となりました。

これからは、数は出にくくなるものの、サイズは良くなってきます。
また太刀魚との駆け引きも非常にテクニカルになります。

ゲーム性を楽しみながら大型狙い、皆様も挑戦してみてください。

使用タックル

竿
船太刀魚専用ロッド8:2&7:3

リール
電動リール600番、中型リール300番(PEライン200m以上入るもの)

テンヤ
掛獲船太刀魚テンヤ40号

リーダー
フロロ8号+よれない船太刀リーダー14号/50cm、14号/100cm(高切れ時PE直結にて使用)

 

スタッフ 大東 哲也