インストラクターブログ

Blog

聖地・池原ダム釣行DAY2

みなさん、こんにちは。スタッフの喜多です。

さあ、それでは池原ダム釣行DAY2のレポートになります。

 

この日はあいにくの雨模様。昼過ぎから強い雨の予報でした。

昨日で魚のポジションは絞れていたので今日は思い切って、未開拓のエリアへ行ってみることにしました。

目指したのは、前鬼筋のバックウォーター。

水質は超クリア。最上流エリアまで行きましたが、小バスを1匹見たのみでした。

早々に見切りをつけ、昨日好調だったエリアへ移動。

しかし、昨日のようにバイトが得られません。

そこで、魚探を見てみると昨日よりベイトの反応が少し深いレンジになっていました。

そこで、レンジを下げて狙ってみることにしました。

キャスト後、カウントを10~15秒ほど数えてから、シェイクを開始してみると…やはりいました。

同じ攻めで奥野もアベレージサイズをGET!!

使用リグは昨日と同様スウィングヘッドの1/20oz(1.4g)とジャスターフィッシュ3.5のミドスト。

この2日間で苦手意識はなくなり、新たな引出しが増えた釣行となりました。

入れ喰い状態を期待しましたが、この日は昨日のような釣果は得られずにポイント移動。

小さなワンド内のブレイクにスタンプ(切り株)が絡むポイントでフリーリグに反応あり。

少しですが、サイズUPに成功。

ハングオフさせ、丁寧に外し、ステイさせ喰わせの間をつくることでバイトが得られました。

使用フックは直リグスピンフック。

Wクレンが装着されたリングドフック。

Wクレンのおかげで糸ヨレを激減、トラブルレス。リングドフックなので、フックの可動域がUPし、ワームアクションを最大限に引き出してくれます。

倒れ込みアクションもよりナチュラルになるため、直リグはもちろんのこと、フリーリグ、テキサスリグにも非常にオススメのフックになっています!!

発売した際は是非とも手にとってみてください!!

また、昨日は5gのシンカーを使用していましたが、根がかりしてしまう場面が多かったので今日は3.5gにウェイトを落とし、タックルも1番手ライトにしたところ、根がかりがほぼなくなり、プレッシャーを与えることなくアプローチできました。

そして、午後3時を過ぎた頃から怒涛の4連発!!

バイトが集中したのは水深10mのブレイク+ゴロタ石が絡む岬でした。

まだまだバイトは続きそうな雰囲気でしたが、バケツをひっくり返したような雨に見舞われたため,あえなくストップフィッシングとしました。

両日ともに何とか2桁釣果を達成できたので満足感はありますが、ロクマルの登場はなく、次回に持ち越しとなりました。

また、1日でこれだけ魚のポジションも変わることもわかり、釣りに‘絶対’はないことを改めて実感できる釣行となりました。

みなさんも聖地・池原ダムで夢のロクマルを狙ってみてはいかがでしょうか?

 

スタッフ喜多

■タックルデータ(フリーリグ)

ロッド:ベイトロッド7ft #MH

リール:ベイトリール ハイギア7.4

ライン:フロロ14lb

ルアー:スティックベイト6インチ

フック:直リグスピンフック #5/0

シンカー:直リグスピンシンカー3.5g(プロト)

 

■タックルデータ(ミドスト)

ロッド:スピニングロッド6.4ft #L

リール:スピニングリール 2500番

ライン:フロロ6lb

ルアー:ジャスターフィッシュ3.5 #コアユ #スモークシャイナー

フック:JH-10 スウィングヘッド 1/20oz(1.4g)

 

スタッフ奥野

■タックルデータ(ミドスト)

ロッド:スピニングロッド6.5ft #ML

リール:スピニングリール 2500番

ライン:フロロ5lb

ルアー:ジャスターフィッシュ3.5 #小魚 #桜ブルー

フック:JH-10 スウィングヘッド 1/20oz(1.4g)

 

スタッフ 喜多 祐樹