インストラクターブログ

Blog

大阪湾の船太刀魚&船アオリ

こんにちはスタッフ今永です。

ついに大阪湾船太刀魚も本格開幕しましたね。
しかも今のところ連日良型が上がっているので、このチャンスを逃すわけにはいきません!

タックルも普段は9:1か8:2調子の掛けスタイルの私ですが、今回は7:3調子で我慢の釣りをしようとロッドを新調して気合十分で挑みます。

ポイントの神戸沖に着くとすでに少し船団になっていました。

朝イチ1投目から、フォール中ラインが途中でとまり、すかさずラインスラッグを取りフッキング。
アベレージサイズですが、とりあえず1匹釣れたことに一安心。

そこからは朝のフィーバータイムで
ストップ&ゴー、ジャーク&ステイなどを織り交ぜながら、アベレージサイズ~F4クラスの数を重ねていきます。


朝のフィーバータイムも終わり、難しい時間がくると、そこからは移動距離を抑えたハンドル1/8回転のストップ&ゴーでボトム~ボトム20mを丁寧に誘うと時折F4オーバークラスがポツリポツリと釣れます。

しばらくして船長の判断で水深90mラインに移動。
ボトムを中心にほとんど動かさずステイ長めで誘っていると、、、


狙い通りのF7サイズ!!
非常に嬉しい1本でした。

 

ドラゴンサイズはアベレージサイズの層(この日はボトムから10m浮いたところ)より下のボトムorはるか上層かの2択。
そう信じて、誘い続けると次は25mの上層での高速巻きでドンッ!

F6サイズ!
本日2本目のドラゴンでした。

 

数釣りに加え、ドラゴン2本と大満足の1日となりました。


一度帰港、帰宅し、タックルを変え半夜便の船アオリへ。

ポイントに向かう道中でSW船リグスナップを使用し、簡単に仕掛を作ります。

ポイントは淡路沖の水深20m前後。
はじめは潮が緩く、仕掛が絡まる恐れがあったので、リーダー長80センチからスタート。
ボトムスレスレにエギが来るようラインコントロールし誘っていると

ボトムを這わすと、、、

潮を早くなれば、リーダー長を2.5mに変更し、

短時間の釣行でしたが、状況に応じた仕掛長の調整で今シーズン初アオリをキャッチすることができました。

太刀魚はもちろんですが、船アオリの方もこれからますます盛り上がりを見せると思います。
是非皆様もチャレンジしてみてください。

■釣行日 2019/09/15

■タックル
太刀魚
ロッド:サーベルマスターss 190 7.3調子、サーベルマスター 160 9.1調子
リール:フォースマスター600 、オシアコンクエスト300HG
ライン:PE2号、リーダーフロロ8号、よれない船太刀リーダーフロロ
テンヤ:掛獲船太刀魚テンヤ

アオリイカ
ロッド:Sea Walk 65UL
リール:グラップラーCT
ライン:PE0.5号、リーダーフロロ3号
ルアー:Draw4 33.5号
パーツ:SW船リグスナップクイックスナップ

 

スタッフ 今永航汰