インストラクターブログ

Blog

明石メッキゲーム

こんにちは。
スタッフ渋谷です。
今回は明石周辺でメッキゲームを楽しんできました。

実はメッキを狙うのは、今回数年振りです。
以前は友人とメッキを狙いに和歌山へ足しげく通っていましたが、大阪から引っ越した事もあり、この釣りからしばらく離れていました。
しかし仕事柄、お客様との会話でメッキの話題が!
当時の思い出がよみがえり、メッキの派手なバイトが見たいと思いが再燃しました。
昔通った和歌山のポイントに行ってもいいのですが、今回は調査もかねて近場を探索することにします。

グーグルマップで河川絡みの場所を数か所探し、調査していきます。

今回はメッキのバイトシーンが見たいのでトッププラグ縛りで釣行します。

まずは小規模な河川絡みのポイントへ
ここはフグのチェイスのみに終わり、次のポイントへ。
次も同じようなポイントでまたフグのみで移動。

この界隈でメッキを狙ったことがないので、狙って釣れるレベルでいるのかどうか少し不安が(笑)
次のポイントは先ほどよりも大きな中規模河川の河口です。
雰囲気的に河口からのびるサーフにもいそうな気がしましたのでそちらからチェックしていきます。

サーチでポッパーを引いてきます。
歩きながらしばらく探りますが、ここでもフグのチェイスがたまにあるだけです。
しばらく反応がないので、また移動を考えていたところにバシャと派手なバイトが!
波うち際でのバイトでフッキングには至りませんでしたが、メッキらしきバイトにやる気が出ます。

その近辺を丁寧にポッパーで探ること数投。
やっと釣れてくれました!

バイトもメッキらしい派手なバイトでした。
サイズをとわず、今年の1、2を争うれしい一匹です。

このポイントで釣れることが分かったのでこの周りで少し粘ることに。
すると数投後、子サバがヒットです。

ここから子サバが増えたので、歩いて少し移動。
河川の中を探ってみます。

今日のパターンを見つける為、次にフローティングのペンシルを引いていきます。

すると一投目からメッキのチェイスがあります。
少しづつ横に歩きながら、探っていくと何度もチェイスがありますが、寸前で見切られフックアップせず。
この日は明らかにペンシルの方が好反応で魚を呼んでくれますが、あと一歩で見切られてしまいます。
明石メッキなかなか手強いです(笑)

ペンシルの引き方に緩急を付けたりいろいろ試行錯誤で何とか2匹目!
深みから一気に突き上げてきました。

ここから要領を掴み、キビレもゲットです。

今回、同じ種類のペンシルでも、フックサイズやリングを少し変えて重さを変え、浮力の違うタイプを準備しました。

チヌ系はハイフロートなもので細かくゆっくり目に引いてやると反応が良かったように思います。

メッキは見切られないよう早引きしてやるとよかったように思います。
早引きしても水面を割ってミスダイブしないよう、少し重めのセッティングです。

もう一匹追加です。

この後アタリが遠のき、魚の反応はありません。
しばらく投げましたが反応なく、目標のメッキも釣れ十分楽しめたのでここで納竿としました。
猛暑の中、汗だくで歩きまわっていたのでくたくたです。
間で飲むジュースが格別でした(笑)

また近いうちに狙いに行きたいと思います。

皆さんも、テクニカルなメッキゲームをたのしんでみてください。

釣行日9月8日

タックルデータ
ロッド 6,6フィートライトロッド
リール 2000番
ルアー 小型ポッパー、ペンシル
ライン マイクロゲームPE0.2号+ナイロン1号
フック ST-36BC #12~#14
その他 スプリットリングファインワイヤー#1~#2
    クイックスナップX #00

スタッフ 渋谷強志