インストラクターブログ

Blog

今シーズン絶好調な明石海峡周辺のタイラバゲーム

こんにちはスタッフ今永です。

今シーズン絶好調な明石海峡周辺のタイラバゲームに行ってきました。
お世話になったのは、兵庫県須磨の耕栄丸さん。

個人的には非常に苦手なバーチカルのタイラバだったので不安もありましたが、好調に釣れているだけに期待でいっぱいでした。

AM6時前に出船。
淡路沖からのスタートです。

まずは最近のこの海域の鉄板となっているセッティングで始めてみます。

しかし、魚探への反応はあるものの魚からのコンタクトはありません。
連日の好釣果のためか多くの船が集まり船団となっておりプレッシャーがかかりすぎているのでしょうか。

そこで潮の緩んだタイミングで深場へと移動することに。
タイラバのセッティングも変更。
チェンジストッパーにセットしていたスカートを全て外し、基本の赤ネクタイ1本で勝負することに。
魚探の反応もボトムにべったりの反応からボトムから20mほど浮く反応が出た瞬間、待望の1枚目ゲット。


そこからしばらく沈黙タイムが続いたので、プロトタイプの秘密兵器を投入するとあっさり追加。


まだ公開はできませんが、この時期のパターンにマッチすることを再認識できました。
もう少しテストを重ね、早く公開、リリースできるように努めたいと思います。

その後も船中ではポツリポツリとヒットはあるものの私には反応がありません。
他の方を見ていると、波動系を使用されているようでした。
そこで今期発売予定のチェンジネクタイカーリーをセット。
また、セットの際のチェンジストッパーですが、あえてひとつ逆付けしております。

こうすることでより波動を大きくし、またフックへの絡みも軽減されます。

チェンジストッパーの使い方は無限大ですので、是非皆さまも様々な使い方をお試しください。

その後もタックルを変え、ネクタイタイプやカラー、スカートの有無、フックサイズなどありとあらゆることを試し、最終的にスピニングのキャスティングタイラバ、チェンジネクタイストレート 海藻グリーン、チェンジスカート グロー&海藻グリーンをセットしたシステムでのキャッチをし、納竿となりました。

また、ヘッドに関しても、タングステン製を使用されている方が多く、シルエットの小ささとフォールスピードではこれに勝るものはないと思います。
しかし、時として鉛ヘッドによるフォールの遅さ、全体シルエットのボリューム感、リトリーブ時のヘッドの揺れによるアピールなどが効くことも多々あります。

ネクタイのカラーや形状のバリエーションとともに、ヘッドに関してもあらゆるパターンをご用意いただくことでより好釣果に結び付くのではないかと思います。

今期の大阪湾はマダイもタコは絶好調です。
是非一度、チャレンジいただけたらなと思います。

■釣行日
6月9日
■タックル
ロッド:6.6ftタイラバ専用ベイトロッド、6.5ft自作スピニングロッド
リール:オシアコンクエスト300CT、ステラ4000
ライン:PEライン0.8号、
リーダー:フロロ4号
タイラバ:チェンジアップヘッド60~100g、チェンジアップ交換鈎9~10号、チェンジストッパー、チェンジスカート(プロトタイプ)、チェンジネクタイカーリー(プロトタイプ)、チェンジネクタイストレート(プロトタイプ)

スタッフ 今永 航汰