インストラクターブログ

Blog

島根県隠岐ロックショア&オフショア合宿2日目

こんにちはスタッフ渋谷です。
今回は毎年恒例となっている、オーナーばりスタッフ隠岐の島遠征のオフショア編のレポートです。

前日のショア編で全員投げ倒すもノーフィッシュに終わったので、オフショアでリベンジと皆気合いが入ってます。

今回も浜吉丸、林田船長にお世話になりました。

港を4時半に出港し、薄暗い内の朝マズメでポイントに入ります。

昨年の隠岐では、大型のヒラマサをバラしてしまい悔しい思いをしたので、主導権を握りやすいよう、まずは強めのタックルで挑みます。

220㎜のトッププラグに鈎はST-66#5/0のセッティングです。

万全の体制で朝マズメを迎えましたが、魚からの反応はなく、ポイントを変えることに。

前日行けなかった島前方面の様子を見に船を走らせます。

ここでも各々チェイスはあるものの喰わせきれず。
この状況を見てスタッフ藤岡がジギングで様子を見ると、サクッとヒラマサをキャッチ!

フックはチェイス6/0のツイン仕様でした。

1流し目はシングル仕様のチェイス9/0で、魚からのコンタクトがあったがフッキングせず

→魚の活性が低く鈎を吸い込みにくいと判断

→より軽い鈎で吸い込むようフックサイズを落としたとのこと。

的確な状況判断で魚にアジャストしていくところ流石です。

その後トップでファーストキャッチ!
ナイスバイトのメジロでした。

スタッフ大東

島前方面もそこまで反応がよくない為、再び島後に戻ります。

朝よりも潮も走り雰囲気十分です。

魚の活性も上がったのか皆チェイスやバイトを引き出すことができます。

ダブルヒットもあり

スタッフ藤岡&今永

この日のパターンとして、プラグサイズが大きいものはアピール力で魚を呼ぶ事はできるものの、チェイス止まりでバイトまで持ち込めない傾向です。

そこで私もプラグサイズを落とし、シルエットを小さく見せるため、なるべく水中に潜らせないよう心がけ投げているとドカンとヒラマサのバイト!

水深も10~15メーター程との事だったので、ランを強引に止め、上がってきたのは嬉しい10キロアップのヒラマサでした。

165㎜プラグ、ST-66#2/0

その後、藤岡の良型ヒラマサの強烈バイトの後の、謎に魚が変わりメジロヒットや笑
惜しくも今永の良型フックオフなど、色々なドラマがあり楽しい合宿となりました。

オフショアキャスティング初挑戦のスタッフ一森も、ショアのエキスパートとあって、流石の腕前で魚を出しまくっていましたが今回惜しくもキャッチならず。
また次回リベンジを誓っていました。

観光名所ローソク島

風景も抜群な隠岐。
また次回の隠岐合宿が楽しみです。

■釣行日5月19日

■タックル
キャストタックル1
ロッド:セブンマイルズ6パワー
リール:6000番
ライン:PE8号+ナイロン170ld
ルアー:舞姫120
フック:ST-66#5/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー#11H ソリッドリング#9.0

キャストタックル2
ロッド:自作4パワークラス
リール:12000番
ライン:PE6号+ナイロン130ld
ルアー:パドルベイト165
フック:ST-66#2/0
その他:スプリットリングウルトラワイヤー#7、ソリッドリング#6.5

ジギングタックル
ロッド:リアルフュージョン4パワー
リール:8000番
ライン:PE4号+フロロ20号
ジグ:セミロング130g~180g
その他:スプリットリングウルトラワイヤー#6、ソリッドリング#6.0

スタッフ 渋谷強志