インストラクターブログ

Blog

三重 尾鷲キハダ釣行

三重 尾鷲キハダ釣行

こんにちは、スタッフ渋谷です。
今回は、三重県でキハダマグロをキャスティングで狙ってきました。
お世話になったのは尾鷲市早田港より出船の「スプラッシュ」さんです。

船長はアングラーとしても数々の大物と渡り合っている熱血船長です。
今回、キハダマグロの強烈な引きに備えてPE8号タックルを準備します。
朝5時半に港を出船です。

港から出て30分ほど船を走らせると船長が遠くに鳥山を発見!
船を全速力で追いかけてくれます。
近付くにつれ鳥山の正体はカツオナブラで、キハダらしき魚体もわずかですが確認できました。
キハダが釣りたかったので、カツオは無視してマグロ用タックルを鳥山に打ち込み狙います。
しかしナブラはすぐに沈み、鳥山の下を誘い出ししていると、ドバァ!と強烈なバイト!

私の隣の同船者の方にキハダヒットです!笑
強烈な引きで上がってきたのは20キロのキハダマグロ。
おめでとうごさいます!

その後マグロを探して沖を走り回ります。
何度も船長がナブラを当ててくれるもの、カツオは浮くが、本命のキハダがなかなか顔を上げてくれません。

そのまま時間は過ぎ、昼過ぎ頃、鳥を追いかけていると、水面下2m位のところにマグロを見つけます。
船長が、鳥の方向を読んで、マグロの進行方向に船をつけてくれました。
ドンピシャのタイミングでキャストしましたが、反応なしでした。
後で船長の話でも、あれは出ると思ったとのこと。
悔しいです。

 

その後夕方ラストチャンスがきます。
マグロは見えてはいないが、鳥山を発見。

鳥の足が早いのでできるだけ鳥の進行方向に先にキャストします。
何度か船をつけ直し、誘い出しをしているとガボンとマグロのバイト!

マグロは口回りも固く、高速ヘッドシェイクなど、バレやすい要素が多いです。
ですので、最初はラインテンションを抜かずに鈎を食い込ます意識で、とにかく寄せる事を心がけました。
タックルも大型想定のタックルを入れていますので、強気のファイトで寄せる事ができました。
船長に銛を入れてもらい久しぶりにこの海域でマグロをキャッチする事ができました。


船長、同船者の方々ありがとうございました。

これから本格シーズンに入る三重のマグロキャスティングゲームです。
夢の大物目指してこれからも通いたいと思います。

 

■釣行日5月11日

■タックルデータ
ロッド:セブンマイルズ816
リール:6000番
ライン:PE8号+ナイロン170lb
ルアー:ブルーフィッシュ120
フック:ST-66#5/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー11H、ソリッドリング9.0

スタッフ渋谷強志