インストラクターブログ

Blog

島根県隠岐ロックショア&オフショア合宿1日目

こんにちはスタッフ藤岡です。

今回は毎年の恒例にしているオーナースタッフによるロックショア&オフショア合宿に参加してきましたのでそちらのレポートを。

 

今回の合宿地は島根県隠岐の島。
お世話になったのは浜吉丸さんです。

 

【1日目 ロックショア】
出船港である七類港に到着したのは午前1時半。
シーズン最盛期とあって既に多くのショアジガーやイサキ、真鯛狙いのカゴ釣りの方で賑わっています。

私たちも急いで2日間の荷物を船に詰め込み、しばし談笑後船は隠岐の島へと出航。
いよいよ合宿が始まります。

今回、参加人数は私を含め5名と多いことから融通を利かせて頂き、二股島の指定席に上がらせて頂きました。

この二股島は島後水道の北に位置し、本潮が最初に当たる超一級ポイント。
水深も30mほどありトップやジグなどあらゆるアプローチが可能な磯です。

状況のほうも2日前に10キロ級のヒラマサが上がるなど期待が膨らみます。

渡礁後、暫くは東南東の風が強く吹き、横からの影響を強く受けたため、私はジグをチョイス。

撃投ジグ125gに最近お気に入りのジガーミディアムチェイス6/0ダブル。

まずは軽快なワンピッチで水深や地形、潮の変化を探していきます。

まず反応があったのは開始1時間後、3回目の底取りを終え、水中での足元の急斜面に沿ってジグを這わすイメージで操作を行っているとガツンと竿を止めるアタリが出ます。

ボトムから15mほど上とスピードジャークだったのでおそらく犯人は青物。

さらに集中してキャストを繰り返しますが、残念ながら単発に終わってしまいます。

この頃から風向きが南東に変わり背中からのフォロー風になったところでダイビングペンシルへと切り替えます。

この時期から隠岐の島ではトビウオの回遊が始まりそれにつられて大型ヒラマサも回遊します。

目視で潮目やトビウオの回遊が見られた時は、大きめのプラグが有効のようです。

この日は残念ながら潮目は薄く、ベイト気も磯際にナミノハナがいる程度。

トップにジグと様々なアプローチを施しますが、反応がなく回遊待ちとなりました。

 

その途中、前日から渡礁されている方に昨日の状況を聞いてみると、前日は多くのイワシのベイトボールが発生し、雰囲気はかなり良好のようでしたが残念ながらヒットに繋がらず、とのこと。

今日と潮の流れ方や状況も大きく変わらないのでおそらく沈んでいるだけでベイトは沢山いるだろう。
と集中力が繋がる情報を頂き俄然やる気に満ちます。

集中しているとあっという間に時間は過ぎて、既にマズメタイムが始まった夕方15時ごろ。
この頃には本潮を押し殺していた南東の風が弱まり、北からの本潮がゆっくりと動き出します。

キャストラインには多くの潮目も形成されいよいよ雰囲気は最高潮。

1日投げ倒して得た情報を元にプラグ、ジグ操作を行い魚からのシグナルを待ちますが…。

17時過ぎにお迎えがきて残念ながらタイムアップ。

魚は全く釣れませんでしたが、雄大な自然の中、没頭して釣りをして過ごした贅沢な時間。
疲れどころか、むしろ清々しく満足感に溢れていてる自分がいる事にビックリ。

これが皆さんが魅了されるショアジギングの世界なんだなと、合宿の意図である釣り(世界観)を知ることは達成できました。

ちなみに次の日のショアはトビウオの回遊があり、皆さん良い釣りをされたようです。

 

さて続いては2日目オフショアの部。
私の得意とするオフショア戦。
さてどうなることやら。。。

 

釣行日 2019/05/18

使用タックル
ロッド:100XH
リール:14000番
ライン:PE4号
ルアー:撃投ジグ 撃投ジグストライクほか125g
フック:ジガーミディアム チェイス6/0~7/0
パーツ:スプリットリングハイパーワイヤー7番

スタッフ 藤岡裕樹