インストラクターブログ

Blog

山口県見島沖のスロージギング

こんにちは!

今回は遠征釣行、山口県萩市の遊漁船、芳美丸さんでのスロージギングの模様をお届けします。

 

オフショアですが使用するメタルジグは撃投シリーズです。

地元、愛媛でも根魚狙いのスロージギングに実績が高いウルトラスローをメインに、事前に釣果情報をチェックするとセミロングのジグにも反応がいいようだったのでレベルもローテーションに加えました。

フックはフロントにはジガーライトホールド、リアにはジガーライトシワリ。それぞれ組み糸の長さをジグに合わせて自作したツインフックを取り付けます。

前後のフックの使い分けは以下のような狙いからセッティングしました。

フロントフック:カルティバ/ジガーライトホールド
ジャーク中に掛かる確率が高いフロントにはジャレつきや触れが掛かりを捉えやすいストレートのハリ先でなおかつ船の揺れによりテンションが抜けることも想定し、抜けにくく身切れを防ぐフォルムの『ホールド』を採用。

リアフック:カルティバ/ジガーライトシワリ
フォールバイトで掛かる確率が高いリアにはバイトすればジグの負荷を有効にいかし、ジグの重さで貫けるフォールバイト完全対応の『シワリ』を採用。

 

水深は80m程、潮は緩そうだったので、まずはウルトラスロー150gからスタート。

 

反応は良くファーストヒットはヤズ。さらに、立て続けにレンコダイがヒット!

 

そして、ジグをレベル180gピンクグローにチェンジしてショートピッチでリールは1/4回転ずつ巻いて移動距離を押さえつつ誘ってやるとアマダイがヒットしました!

しばらくすると潮が動かなくなってからはアタリが遠のき我慢の時間帯となりましたが、釣れない時間帯も色々な釣り方を試してアタリを待ちます。

この時間帯はよりスローなアクションで誘えてスローにフォールさせることができるウルトラスローを使用。

 

よりスローなアクションでホウキハタやカサゴなどをポツポツと追加。

 

潮が動かない中でも一瞬、ジグにかかる負荷がジワっと重くなったタイミングでこれまでのスローなアクションから変化をつけてリアクションバイトを誘うべく、初速を速くしてジャーク間にピタッとステイをつつショートピッチジャーク、、、。

すると、思惑通り! ズドンっ! この日1番の手ごたえで上がってきたのは51cmのアオハタでした!

その後はストライクで青物狙い。ハマチクラスが入れ食いとなり遠征釣行は最高の締めくくりとなりました。

 

撃投シリーズはオフショアの縦の釣りでもでも良く釣れます! 是非、お試しくださいね(^○^)

■使用アイテム
撃投ジグウルトラスロー150g スローゼブラ
撃投ジグレベル180g ピンクグロー 
撃投ジグストライク ブルビンドット
ジガーライトホールド 4/0、3.5/0
ジガーライトシワリ 4/0、3.5/0

カルティバフィールドテスター 綱崎恭平さん