インストラクターブログ

Blog

山陰エリアのヒラマサゲーム「片口イワシパターン」

こんにちはスタッフ藤岡です。

今回はGW時期から本格化する山陰エリアのヒラマサゲームに行って来ました。

今回もお世話になったのは鳥取賀露から出船している海伸丸さん。

 

船長に状況を伺うと2週間前に訪れた時とは、どうやらガラッと変わってしまったようです。

前回はベイト気配が薄く漁礁の際にいるコイカやマイクロベイトを捕食してる早春パターン。

変わって今回は大量の片口イワシが鳥取沖のほぼ全域に襲来。
至る所で魚群探知機は真っ赤かとのこと。

 

一見良さそうに聞こえますが片口イワシパターンは非常に厄介なことがありまして、、、。

・大量に居過ぎるからジグを追わない
・ヒラマサに有効なキレのあるリアクションが効きにくい
・大きなシルエットに反応しない

など、他のイワシパターンに比べてなかなかセレクティブな面をもつ春の片口イワシパターン。

 

船長曰く、片口イワシが襲来してからジギングではヒラマサは殆ど当たらず、殆どが鰤系かトップゲームが有効とのこと。

いつでも投げれるよう、海上や鳥山も意識しながらスタートします。

 

ポイントはいつもの水深60~80m漁礁群。
とにかく大量の漁礁が沈めてありますので、ランガンでチェックしていきます。

情報通り、どこにいっても魚群探知機は真っ赤か。
風は北東。
潮も逆潮で合わせて0.5ノット程度でゆっくりと流れます。

 

まずは正攻法。
ヒラマサで実績の高いジグやジャークアクションで様子を見てみます。

ひと流し毎にあらゆるジグやアプローチで様子をみてみるも、当たりどころか追いの気配も感じ取れないままお昼過ぎ。

 

普段なら間違いなく何かしらのヒラマサからの反応があり、それをヒントにゲームを組み立ていくのですが、今回ばっかりは全くのノーヒント。

船中も僚船もノーバイト。
片口イワシパターンには困ったもんです。

 

それでも諦めずに試行錯誤を続けるも状況変わらずで、いよいよラスト2時間となってしまいます。

ちょうどこの頃から北東の風が強まりだし、撤収の可能性も出てきていよいよ追い込まれます。

1日中ここまでやって唯一分かった事は、ジャーキングに反応しないこと。
つまりはダートもフォールも反応しない。

ここで思い切って1番柔らかいロッドにジグは150g、フックはショートバイトに対応するためジガーミディアム チェイス6/0のダブルをセット。

軽めのジグでなるべく遠くまで流してリーリングの緩急をメインに誘い出します。

イメージは、映像や水族館でよくみる片口イワシがチラチラと直線的に泳ぐ姿。

余計な挙動は一切避けて、チラッチラとたまに緩急をつけること底から30mのところでガツンと待望のヒット。

上がってきたのは60センチ級のヒラマサ。
やはり魚は居てジグを嫌っていただけと判明。

この1匹で迷いが晴れたのは言うまでもなく、よりチラチラアクションの精度を上げていきます。

すると続けさまに同じサイズが連続ヒット。
先程までの沈黙はどこへやら。
完全にパターンにハマったようです。

 

気を良くして3投目。
最初にジグをどんどん送り込み、なるべく横になった所で誘い出します。

ポイントの漁礁群は高さ15mまでなので、巻き始めから30~50回ぐらいがヒットゾーンとなります。

ここでも先程までと全く同じパターンでガツンとヒット。

と思いきや、先程までと違う大きな首振りに大型魚と確信。
一気に緊張感が走ります。

速攻でショートポンプで漁礁から引き離しますが相手もドラグを何度も出しなかなか引き離せません。

一進一退の攻防が数分続きましたが、徐々に顔を向け出し勝負あり。

上がってきたのは鳥取ではトロフィーサイズのヒラマサ。

ショートバイト対策でのジガーミディアムチェイス6/0ダブルが1本掛かりでがっつり閂を捉えてました。

このサイズでこのフックサイズでも1本掛かりということは、いかに少ない運動量で捕食しているかが伺えます。

イメージとしては回転寿し。
目の前にくるベイトをポツポツとつまみ食いしているのでしょうか。

 

海中の世界で起きている様々な状況に対して、鉛に命を吹き込みサーチする。
1投毎にジグをかえハリをかえ、考えられる可能性を組み立て相手を追い込む。

ジギングはこのプロセスがあるからこそ終わりなく楽しめるものだと私は思います。
いつまで経ってもジギングの虜です。

さて、これからの山陰エリアのヒラマサですが5月一杯が最盛期を迎えます。

例年なら産卵を意識した大型の個体も西から入り出し、より熱いエリアになること間違いなし。

是非皆さんも、山陰ヒラマサゲームにどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか?

 

釣行日 2019/4/28

■ジギングタックル
ロッド: デュアルエッジ2~3パワー
リール:スピニング8000番
ライン:PE3号
ジグ:150~250g
フック:ジガーミディアムチェイス6/0~9/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー6番、ソリッドリング5番