インストラクターブログ

Blog

山中湖で平成最後のワカサギ釣り

ドーム船内では半袖Tシャツで過ごせそうなほど暖かくなってきましたね。
4月21日に平成最後のワカサギ釣りに山梨県山中湖のつちやボートさんへ行ってきました。
ここ数日の500匹釣果に期待しつつもワカサギ釣りにとっては良くない快晴続きで厳しい状況は変わらなさそうです。

定刻通り7時に桟橋を出船。キャンティ沖で船が固定されました。

朝イチの活性の良い群れを効率よく獲るため、ドーム船内での扱いやすさと、群れの層も狭いということから、5本鈎全長66cmの「時短ワカサギ5本」仕掛にワカサギ時短オモリ8g+下鈎1本を左右共にセットしました。
魚探にも底から30cm内で魚の反応が高頻度で映ります。
常に誘いを意識し、2匹3匹と連掛けもありながら釣っていきました。

10時過ぎ、雲の切れ間から太陽がしっかり顔を出して船内も暑いぐらいになってきました。
徐々に喰いも渋くなってきたので、ロングハリスの「時短誘々ワカサギ8本」仕掛を上4本だけにカットして使います。
ハリス長4.5cmのロングハリス仕様となり、全長も約67cmでさっきまで使っていた全長66cmの「時短ワカサギ5本」仕掛と電動リールのカウンターの差異もほとんどなく使用できます。
ほぼ同じ全長で鈎本数が1本少なくなり、餌の密度が変わったからか、渋い状況になってもアタリは続きました。

お昼はいったん手を休め、富士山を見ながらカツ丼を頬張り、後半戦に備えます。

後半も群れの入りは緩いものの魚の反応が魚探には映っているので、反応があるのに喰いが悪いなと思ったら迷わずに餌替えをし、常に誘って餌を喰わせるように手を動かし続けました。
15時に納竿。カウンターで344匹釣果でした。

一日を通して群れは船の前から入ってくることが多く、私は左前から3番目の釣り座でした。
竿頭は右側先頭の方で383匹でした。

当日の活性、群れの入り具合と濃さによって仕掛を合わせ、他の人よりもちょっと多く釣るということがワカサギ釣りの楽しみでもあると思います。

まだまだ大漁釣果が期待できるこの時期、富士山を見ながらポカポカのんびりしっかりワカサギ釣りを堪能してみてはいかがでしょうか。

ワカサギの天ぷら、からあげ、アヒージョは最高に美味しいですよ。

スタッフ 服部和彦