インストラクターブログ

Blog

丹後エリアの鰤ジギング

こんにちは!スタッフ大東です。

今回は前回、前々回の釣行で負った傷を癒すべく、春爆がようやく始まった、丹後エリア(京都~兵庫の日本海側)へ鰤を狙いに行って参りました。

この時期は、鰤サイズがコンスタントに狙え、とにかくジギングで鰤を釣りたい方にはオススメのシーズンです。

今回お世話になったのは、舞鶴港より出船の『スーパーコーリン』さん。
大型船なので、多少の悪天候でも出船できる有難い船宿さんです。

連日、鰤が絶好調と言う事もあり、満員御礼の熱気ムンムンで出船です。

ポイントは西エリアと言う事で、しばしロングラン。

ポイントに到着すると、時合いが終わった雰囲気でしたが、沢山の鳥がウロウロ飛んでおり、何とか、このタイミング1本獲れたらいいなぁと思いながらスタートフィッシング。

すると右舷側のアングラーに、いきなりのヒット。
そこから右舷側ほぼ全員が、怒涛の鰤ラッシュに突入!

乗り遅れまいと、気合いでシャクルも左舷側は全員ノーバイト。
船を嫌がって、反対側は反応しないパターンでモーニングサービスは終了。

その後は、鳥山があちこちで発生し、上手く反応を捉えると、パターンがあった何名かがヒットする感じで、刻々と終了時間が近付いてきます。

 

パターンを掴めず、未だにノーバイト。
あれやこれやと試しながら、ようやく掴めて来た時に、鳥山チャンスが到来!

感度は、底から30mとアナウンス、ボトムから丁寧に30mジグをコントロールすると、ヒット!
慎重にファイトするも痛恨のフックアウト・・・
フッキングが甘かったと反省。
反応は続いているので、急いで落とし直します。

同じパターンで再度ヒット!
今度は、これでもかとフッキングを決め、無事キャッチ!

 

ややラフにファイトしたのと、合わせの入れすぎで、キャッチした魚は口を裂いていましたが、ジガーミィディアムチェイスの抜けを抑えるフトコロ形状で無事キャッチ。

更にもう一本と思いましたが、チャンスは無く納竿となりました。

今回のベイトは、10センチ超のカタクチイワシ。

マイワシやウルメイワシと違い、遊泳力が弱く、動きが緩やかなので、ジグアクションも横の動きが大きいものより、スライド幅を抑え、縦の動きを意識して操作、チョイスするのがポイントでした。

もちろんリアクションで狙う場合は異なりますが、ベイトの違いでジグの操作を意識すると、よりジギングを楽しめると思います。

丹後エリアの鰤ジギングは例年5月一杯は楽しめると思います。
良ければ皆さんチャレンジしてみてください!

■使用タックル
ロッド
6フィート前後2~3オンス

リール
ハイギアスピニングリール8000番

メインライン
PE3号

リーダー
フロロ50ポンド

ジグ
150g~250g

フック
ジガーミィディアムチェイス7/0

 

スタッフ 大東哲也