インストラクターブログ

Blog

痺れる鳥取沖のヒラマサゲーム

こんにちはスタッフ藤岡です。

4月に入りいよいよ春本番ですね。
春といえば春マサ!
地元の山陰のヒラマサもそろそろ始まるかと思い様子見に行ってきましたので、今回はそのレポートとなります。

今回お世話になったのは鳥取市の海伸丸さん。
いつも春マサでお世話になる船宿さんでヒラマサの実績は十二分。
兵庫の自宅からも2時間程度で行けるので、春は足しげく通うところです。

当日は久しぶりの週末晴天に恵まれ、満船で7時半出船。
まずは長尾鼻沖の漁礁群を攻めることに。

最近の傾向を尋ねてみると、まだイワシ類の回遊はなく、イカや稚魚などのマイクロベイトが主なベイトとのこと。

まずはいつも通りシルバーのセミロングにチェイス9/0のワンピッチを主軸に時折バランスを崩して様子をみてみます。

すると早速、ジグに絡む違和感が出ますがヒットにはならず。
今日は素直に反応するかと思いきや、その後は反応なし。
やはり一筋縄ではいきません。

 

次に反応があったのは10時半頃。
ボトムから20mのところで引ったくるような気持ちのいいバイトをみせましたが、程なくしてハリ外れ。
手ごたえがあっただけに、迷いが生じます。

続けざまに、同船者の方にヒットするも次々にヒット&バラシ。

どうやら活性が低いのか
はたまた
マイクロベイトで吸い込みが浅いのか?

ここでは私は

ジガーミディアム チェイス9/0→6/0ダブルに変更し
弱バイトでも対応できるよう調整します。

この選択が見事にハマり、今までショートバイトで終わっていた当たりが決まりだします。

ジグは撃投ジグのピンクグロー。
これは言わずもがな。
ショアラインでは最強といっても過言ではないくらい実績があるカラーで、オフショアでもイカベイトの時は特におすすめ。

狙い通りに釣れた一尾は、サイズ関係なく嬉しいもんです。

この後は時合いらしい時合いはなく、散発的にあたる痺れる展開へ。

一投一投、反応と傾向をみながらヒラマサをポツポツキャッチであっという間に納竿となりました。

 

今後の山陰鳥取ヒラマサですが、例年だとGWにはイワシ類が入りいよいよ春マサ本番といったところでしょうか。

今回とはガラッとパターンも変わり、また翻弄してくれることでしょう。

シーズンは5月いっぱい。
皆さんも痺れるヒラマサゲームはいかがですか?

■釣行日
2019/04/06

■使用タックル
ロッド:6ft
リール:スピニング8000番
ライン:PE3号
ジグ:撃投ジグ、撃投ストライク 150g ピンクグロー
フック:ジガーミディアム チェイス6/0 ダブル仕様
パーツ:スプリットリング6番