インストラクターブログ

Blog

春の野池釣行

こんにちは。スタッフ中川です。

徐々に暖かくなり、桜も開花し始めて、春を感じる日が増えてきましたね。
季節の進行に伴い、魚だけでなく人も活発に動き出しています。
釣り場で見かけるアングラーの数も増えてきました。

さて今回は、3月31日(日)、スタッフ喜多、奥野と野池へ行ってきた時のレポートになります。

この日、私がまず選択したのは、春の定番ミドスト!
手堅く釣れるスウィングヘッドジャスターフィッシュ4.5の組み合わせです。

天候は、風が強く、雨は降ったり止んだりして不安定な一日でした。
そのため、ジグヘッドのウェイトやワームカラーのローテションをこまめに行います。
荷物が限られるおかっぱりでは、私は1つのパッケージに数色入れてカラーローテーションを行っています。

※スカッパノンやフラッシュレッド等、赤系の色は、他の色へ色移りしやすいのでご注意ください。

まずはウィードが濃いエリアをメインに攻めてみましたが、反応がないのでミドストでランガンしてみます。

一投目はフルキャストし、ストラクチャーがどこにあるのかを探していきます。
トレースラインに水中ストラクチャーが何もなければ、同じ所へ投げるのでなく、角度を変えたり、少し移動してキャストします。
ストラクチャーを見つけると、次のキャストからはフルキャストをするのではなく、そのストラクチャー周辺を攻めていきます。
この攻め方を繰り返しているうちに、”コツッ”と明確なアタリがありました。
フッキングし本日の初バスをゲット。


40upのナイスサイズでシャローエリアの少し大きめの石についていました。ヒットカラーはフラッシングカラーの青ジャコでした。

その後、近くでジャスターフィッシュ2.5のダウンショットをしていたスタッフ奥野にヒット!
今年の初バスとなる30半ばのバスをゲットですが…..すみません。
写真なしです。

アクションは、ロッドティップで小刻みにシェイクしステイ。
ステイ後すぐのバイトとのことです。
ジャスターフィッシュは、糸を張り気味にステイさせることで、水平姿勢を維持してくれます。
シェイクで魚を寄せたあとの、喰わせのステイはタフなバスにも本当によく効きます。

使用したバマスフックは伝統的なマスバリをバス専用に改良したハリになります。

ゲイプ幅を若干広くしたストレートのハリ先で、アタリを拾いやすくしております。
また、線径もバスでいう細軸に設計し、ライトタックルでのフッキングも綺麗に決まります。
ハリの自重も軽いので、ダウンショット時はワームの水平姿勢をキープしやすく、ノーシンカー時はワームそのものの自発的なアクションを生かしつつ、ゆっくりフォールさせることができます。

この日は、風も冷たく、曇った時間帯は、まだまだ肌寒いです。
ある程度、ウィードの位置と水深を把握したところで、冬よりな釣りも試してみます。
少しディープに落ちたウィードエリアで、バイブレーション、フリーリグ、ボトストをローテーションしてみますが反応なし。

そうしている内に、シャローのハードボトムで釣りをしていたスタッフ喜多のロッドが大きく曲がっています!
上がってきたのはグッドコンディションの40upのバスです!

0.9gのネイルシンカーを挿入したジャスタークローラー4.7のネコリグでした。

カラーは青ジャコ。
フラッシングを意識した強めの小刻みなシェイクでアピールし、ロッドアクションを止め、”倒れこみアクション”中でのバイトとのことです。

この1本で、魚はシャローに上がってきていると確信し、シャローのみを攻めていきます。
デカバスが通ると信じ、スポーニングエリアの通り道にある少量のウィードを丁寧にしつこく攻めてみます。
スイングヘッドジャスターフィッシュ4.5のコアユカラーをセットし、ウィードをほぐしていると、ラインがスゥーッと横に走りました。
すかさずフッキング!30半ばのバスでした。

ウィードをほぐす際は、ロッドを曲げながら煽るのではなく、ラインスラッグを多めに出して、スラッグを弾くようにほぐしてあげると、ウィードを引っこ抜いたり、ハリがウィードから外れた際に、ルアーがストラクチャーから離れすぎるのを防げます。
※あえてルアーを飛ばすようにウィードを切った方が、反応がいいときもありますので、状況に応じて使いわけてください。

最後は、この日最大のバスとなる48cmのナイスサイズを奥野が釣って納竿となりました。

ヒットルアーはジャスターホッグ2.3のダウンショットリグ。

ストラクチャーに当たったら、軽くシェイクしロングステイ。
ジャスターホッグ特有のボトムでの斜め立ちでアピールします。
ロングステイ後のワンアクションで喰ってきたとのことです。

釣果としては、野池で3人全員が40upと満足の釣果となりました。

春は1年を通して1番デカバスを釣りやすい時期です!
バスの活性も日に日に上がっております!是非皆様も、自己記録を目指して春のバス釣りを一緒に楽しみましょう!

使用タックル(中川)
ロッド:スピニング6ft4inc #UL
リール:スピニング 2500番
ルアー:ジャスターフィッシュ4.5″ #13 コアユ #48アオジャコ
フック:JH-10 スイングヘッド 1.4g
ライン:HQ PE BRAID -4X- (海外販売用PEライン)Φ0.12mm(8lb)
リーダー:磯フロロ#1号(4lb)
ハリス:磯フロロ#1号(4lb)
撚り戻し:ダブルクレン22号

使用タックル(喜多)
ロッド:スピニングロッド 6ft 6inc #UL
リール:スピニングリール 2500番
ルアー:ジャスタークローラー 4.7” #48 アオジャコ
フック:バマスフック #6
ライン:フロロ 4lb
ネイルシンカー:1/32oz(0.9g)

使用タックル(奥野)
ロッド:スピニングロッド 6ft 6inc #L
リール:スピニングリール 2000番
ルアー:ジャスターフィッシュ2.5″#57グラスフラッシュ/ジャスターホッグ2.3” #04スカッパノン
フック:バマスフック #6
ライン:PE ハイライト 0.3号
リーダー:フロロ 5lb
シンカー:1/16oz(1.8g)

スタッフ:中川大輔