インストラクターブログ

Blog

明石のタンコブゲーム

休日は基本的に朝から釣りをしている私ですが、3/24は外すことができない用事があったため午前中は釣りができない事態に。
午後からは時間がとれたので、どこか近場で半夜釣りをやっている渡船屋がないか探したものの、良さげな場所が見つからず、兵庫県明石市の地続きの波止で、夕まずめのチャンスを狙って短時間ですが竿を出すことにしました。
狙いはコブダイ。
いつものタンコブゲームです。

釣り場に到着したのが15時半ごろ。
天気が良かったためか波止には釣り人が多く、コブダイ狙いの方の姿もちらほら。

先端には一人入れらていましたが、挨拶すると「好きな場所で竿を出してください」とありがたいお言葉。
甘えさせていただいて隣りに入らせてもらうことにしました。

タックルはいつもと同じで、手持ち用には虫ヘッドパワー4g、置き竿用には虫ヘッドパワー8gをセット。
エサは冷凍庫にストックしておいたバナメイエビです。
バナメイエビはいちいち釣行前にスーパーで買っておかなければいけないデメリットが大きく、手軽に釣具店では手に入らないのがつらいところ。シルエットが大きいので根の隙間や藻の中に入り込みにくいので根掛かりにしくく、初めてのポイントや探り釣りをする時には比較的向いていますが、別に釣具店で手に入る虫エサや冷凍エビ、オキアミボイル、貝類などでもOKなので、このあたりは個人の好みです。

潮が動いていたので、置き竿用は足元の藻の中にエサを落ちつけておき、手持ち用は15mほど沖に投げ、リフト&フォールさせながら潮に流して広範囲を探りました。

それっぽいアタリがあったのは3投目。
潮にのせて底を流していた手持ちの竿に、エサ取りでは無さそうな重いアタリがあったので、食い込むまで待っているとエサを離してしまいました。
スレていたのか、ラインを少し張りすぎていたのが原因でしょうか。
すぐエサを替えて同じコースを通しましたが、同じようなアタリはありません。

2時間ほど本命のアタリがない時間が続きました。
夕マズメの時合いになると潮が緩みましたので、置き竿の投点を敷石の際に変えてしばらく待っていると、硬い竿先が10㎝ほどゆっくり入る明確なアタリ。
さきほどはすぐ離してしまったので、ラインを緩めてアタリを待っていると、アタリの主は藻か何かに入りながら潮上に向かってゆっくりと移動しました。
少しづつリールを巻いてラインを張り、「ゴリゴリ感」が無くなったところでフッキング。
根に入らないよう一気に巻き上げたところ、さほど大きくはなく、すぐに水面まで浮かせることができました。

50㎝ちょっとの少し可愛いサイズでした。

その後はコブダイらしきアタリがなく、日没を機にタンコブゲームを終了。
サイズは出なかったものの、身近な波止で釣ることができ、十分満足することができました。

普段手軽に釣りをしている地続きの波止や岸壁でも、明石海峡周辺なら奥まったポイント以外はコブダイの魚影はあると思います。
専門に狙うのも良いですし、何かの釣りの合間に狙うのも良いと思いますので、ぜひタンコブゲームにチャレンジしてください。
合間に狙う際は、くれぐれも竿を飛ばされないようご注意ください。

■タックル1(手持ち用)
ロッド:Foojin’R 108MX
リール:イグジストLT4000-CXH
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ8号/2ヒロ
虫ヘッドパワー:4g
エサ:オキアミボイル

■タックル2(置き竿用)
ロッド:Foojin’R 110H
リール:セルテート5000H
ライン:撃投PEフラッシュ2号
リーダー:フロロ12号/2ヒロ
虫ヘッドパワー:8g
エサ:バナメイエビ

 

スタッフ 西浦伸至