インストラクターブログ

Blog

川之江一文字のタンコブゲーム

先日行われたフィッシングショーin四国2019では、弊社ブースにお立ち寄りくださった皆様、誠にありがとうございます。
おかげさまでオーナーばりブースは盛況。
多くの方と出会うことができました。
次回の開催は2年後とのことですので、その際はぜひまたお越しください。

さて、フィッシングショーin四国のブース設営は午後からの作業でしたので、3/16の午前中は代休をとり、道中の四国中央市の川之江一文字でタンコブゲームを楽しんできました。
川之江一文字といえばコブダイの数が釣れることで有名なポイント。
タンコブゲーマーとしては素通りするワケにはいきません。

渡船は川之江港から出船する三好渡船さんを利用。
当日は3月なかばだというのに雪がちらつくほどの寒波が到来しており、西からの爆風の影響で他の釣り客はいません。

6時半に出船し、5分かからないうちに港の入り口にある川之江一文字へ渡りました。
潮位が高く、外海は波が高かったため、念のため東側の赤灯先端で竿を出すことに。
ここなら内側でも外側でも狙うことができますので、まずは波の影響がない内側を攻めることにしました。

今回は短時間の釣りなので、エサはバナメイエビのみ。
竿を出す前に何匹かちぎって軽くマキエをしておきます。

潮はさほど動いていなかったので、足元狙い用のタックルには虫ヘッドパワーの2gを。
敷石の際狙い用のタックルには虫ヘッドパワーの6gをセット。

まずは敷石の際に投げておき、足元狙い用のタックルは置き竿ではなく手持ちで通しましたが…期待していた朝イチのアタリはありません。
2時間ほど粘ってしましたがアタリがないため、潮位が下がったタイミングで先端~外側狙いへ切り替えました。

潮は西から東へゆっくり流れています。
同じように竿を1本置き竿にし、手持ちの竿で波止外側の際を広範囲に探りを入れてみますが反応なし。
しばらく攻めてもアタリが無かったため、少し休もうと手持ちの竿を置き竿にしたところ、殺気が消えたためかその竿にすぐに当たりが。

すぐに手持ちへ戻し、ドラグを締めながら食い込むのを待ちます。
5秒ほど待つと一気に竿が締めこまれたのでフッキング。
ヒットしたコブダイは勢いよく先端から内側へ回りましたが、そこからは沖へ向いて走ってくれたので、ゆっくりとファイトを楽しみながらランディング。
60cmほどの中コブでした。

その後は連続ヒットを期待しましたが、一気に冷え込んで海がかき回されたせいかアタリなし。
準備に向かわなくてはならないので、11時に一文字を後にしました。

船長に話を聞いたところ、このエリアのコブダイシーズンは初冬あたりとのことで、その頃には多い人は2桁上げることもあるとのこと。
そのシーズンに再訪してみたいと思います。

■タックル(手持ち用)
ロッド:Foojin’R 108MX
リール:イグジストLT4000-CXH
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロ8号/2ヒロ
虫ヘッドパワー:2g
エサ:バナメイエビ

スタッフ 西浦伸至