インストラクターブログ

Blog

汐巻のジギング

こんにちはスタッフ藤岡です。
当ブログでも度々ご紹介していたジガーミディアム チェイスがいよいよ発送開始となりました。
早いお店では今週あたりから店頭に並ぶと思いますので、是非手にとってみて下さいね!

チェイスは青物用。
特に名前のとおり追わせるイメージングに合うように設計したフックです。
ここ一番で掛けて戦えてバラしを抑えたハリに仕上がっております。
特にこれからの春マサや鰤狙いにおすすめします!

 

チェイスも発売となったこともあり、少し気が早いですが私も今シーズン1発目の青物ジギングに出かけてきました。
今回お世話になったのは長門油谷の健洋丸さんです。


健洋丸さんといえば超が付くほどの人気船。
普段なら予約で一杯ですが、シーズン前の2月ならまだ空きが出ていたので、この機に色々と伺ってきました。

AM6時出船。
健洋丸さんでは大きく分けて汐巻方面と見島方面(八里)で操業されているとのこと。
この日は汐巻方面への出船となりました。

先ず最初は水深30mライン。
トップで平政を狙います。

タックルはPE6号以上で!との事なので、本気タックルで挑みます。

が、残念ながら平政からの反応はありません。
このまま辛抱強く続けたいところですが、この日はシケの合間の貴重な晴れ間。

船もかなりの数が集結してきたので、ジギングに切り替えます。

 

ジギングでは青物とイサキ狙いのスーパーライトジギングの二本立てで楽しめます。
私は今回、青物ジギング初戦とあって青物狙いで通すことに。

ポイントの水深は50~60mライン。
あまり潮が動いてない状況からのスタート。
ボトムや潮目などをサーチしながらの3流し目。

若干操作感が重たくなったので潮が動いてる?と集中してアプローチすると、突如ジグを引ったくる強烈なバイト!
これだから青物ジギングはやめれません。

最初に上がってきたのはヤズ(ハマチ)。
掛かり所もばっちりで、毎回優秀なチェイスには助けられます。

この後もヤズが時折、反応をしてくれる状況。
個人的にはこの散発的に当たる状況が好きで、頭もフル回転で考え一投一投集中してジグを操作します。

こんなに没頭していると1日あっという間に過ぎて気付いたら夕暮れ時。

結局、この日晴天べた凪、潮の変化もなしで、1日厳しかったですが、こんな日もよくあること。
個人的には大満足出来ましたが、汐巻サイズを出来れば見たかったのが心残り。
また次回もチャレンジしたいですね!

今回、少しシーズンが早かった汐巻方面ですが、例年ならこれから本番を迎えます。
昨年には30キロオーバーや多数の10キロクラスも揚がるなど、日本屈指のフィールドです。

是非皆さんもチャレンジされてみてはどうでしょうか?

 

■釣行日
2019/02/24

・ジギングタックル
ロッド:6ft 3パワー
リール:スピニング8000番
ライン:PE3号
ジグ:130~180g
フック ジガーミディアム チェイス6/0~9/0

 

・キャストタックル
ロッド:8ft 5~7パワー
リール:14000~18000番
ライン:PE 6~8号
ルアー:ダイブベイト190など
フック:STX68 2/0~4/0