インストラクターブログ

Blog

第6回オーナーばり磯釣り懇親会2019報告書

2019年2月3日、大分県と宮崎県の釣り人で日頃オーナーばり製品のPRにご協力いただいている仲間の集い「第6回 オーナーばり磯釣り懇親会2019」を宮崎県北浦一帯の磯で開催いたしました。

北浦一帯の沖磯

参加者は15名で目的は皆様と磯釣りを通じ親睦を深め、オーナーばり宣伝活動に努めることです。この日の天候は午後から南風が強くなる予報で沖磯から湾内に瀬変わりも想定されるため、規定サイズを設けずメジナ3匹の総重量で順位を決めることにしました。

参加者集合写真

朝5時前に出船。阿蘇港より喜福丸にお世話になり受付時の抽選順に渡礁していきました。私は宮崎県の曽原さんと西バエのチョンへ渡礁しました。朝マズメは満潮の時間帯で少しウネリがあり中央部の平らな少し高い場所から竿を出しました。潮は右から左に程よい速さで昇り潮が流れています。最近の釣りでメインフックになっている「身軽グレ5号」をハリスへ結び半遊動仕掛けを選択しました。タナは竿1本半でスタートしましたがツケエサが残ってくるので少し深くするとアイゴやサンノジがヒットしてきました。特にサンノジは強烈な引きでしたが「身軽グレ」は鈎の形を変えることなく口元にガッチリとフッキングしていました。10時過ぎに南風が強くなり船長の安全を考慮した判断で全員沖磯から湾内の磯へ瀬替わりをしました。静かな内湾ではアオリイカの姿が目視で確認でき、Draw4でアプローチしていましたが活性が低いようでした。その後は曽原さんが厳しい状況の中、磯の先端部でメジナをヒットさせていました。納竿の15時になり港へ帰り検量すると、流石に釣る人はしっかりメジナを仕留めていましたね。

曽原さんにメジナがヒット

優勝者の古畑さんは沖磯の大バエで早朝にメジナのタナをいち早く見付け30~45cm級を数枚仕留めていました。「潮の流れが強く良型メジナのタナは深かったですね。おそらく竿2本くらいのタナじゃなかったですかね?また途中はメジナのアタリが小さくなりましたがなんとかメジナを追加することが出来ました。身軽グレは鈎先が鋭くツケエサが割れることを防いでくれ細軸でありながら伸びない鈎ですね。」

優勝の古畑さん

 準優勝の上森さんはケナシへ渡礁。「少しウネリがあったので船着きより竿を出し何とか3匹のメジナを釣ることが出来ました。身軽グレはタフワイヤー素材を使い鋭い鈎先で刺さりが抜群です。最近はお気に入りで良く使っており素晴らしい鈎です。」とのコメント。

準優勝の上森さん

表彰式では上位者へオーナーばり協賛の豪華製品と地元で採れた海産物!優勝者へは立派なカンパチなど・・・参加者も北浦産海産物をお土産に大いに盛り上がり盛況のうちに幕を閉じました。

上位三名

ジャンケン大会で守山さんはバッカンをGET

身軽グレについて皆さんよりコメントを頂きました。
・重量が軽いのでツケエサをナチュラルに沈下させることができる。
・馴染みが良くマキエサとの同調が可能ですね。
・メジナは喰い渋った時に効果を発揮しています。
・細軸であり魚に飲み込ませても伸びない鈎です。
・鈎先が鋭く驚くほど刺さりが抜群で最近はメインフックで使っています。
・今シーズンはメインフックで使っており鈎外れが少ないと感じています。
・小さい3号でも魚に掛かった鈎は伸びがないですね。

~PERFECTION IN HOOKS~ 身軽グレは ”軽く細く強い”素晴らしい鈎ですね。 

 

開催日:2019年2月3日(日) 
天候:曇り
開催場所:宮崎県北浦一帯の磯
使用渡船:喜福丸 TEL090-8831-0473
参加者:15名

優 勝:古畑 哲也さん
準優勝:上森 順吾さん
三 位:尾藤 智昭さん

以上

報告者:播磨聡さん(オーナーばりフィールドテスター)