インストラクターブログ

Blog

姫路沖のショウサイフグ

皆さんこんにちはスタッフの藤岡です。

もう初釣りは済みましたか?
関西では今年は暖冬の影響か、まだまだ青物が元気に泳いでいる状況です。

 

さて今回は、いつも大変お世話になっています釣具店様の釣行会に私もお邪魔させて頂きました。

ターゲットは【ショウサイフグ】

関東や中京のイメージが強いこの釣りですが、実は大阪湾で釣れちゃいます!
しかもかなりでかい??のが特徴で、昔からコアファンの中で冬の釣り物としてひっそりと楽しまれておりました。

釣ってよし食べてよしのターゲットを見逃すわけもなく、お客様に無理を聞いてもらって同行させて頂きました。

 

今回お世話になったのは、兵庫県高砂市の浜栄丸さん。

朝6時半に集合し、ゆっくりとポイントまで向かいます。

ポイントは姫路沖の20mライン。
先ずは潮が流れていたので、天秤吹き流し仕掛に錘50号でスタートします。

釣り方は底まで仕掛を降ろすと、トントンと10~20秒に1度、餌のエビが跳ねるイメージで動かして待ちます。

すると早速、ガツガツと当たりますがあっという間に餌を取られてしまいます。

ここで、ハリを刺さり抜群のサーベルフック1番に変えて再度チャレンジ。

先程と同様にトントンと誘って待っているとガツガツと魚信。
すかさず合わせるとズシンとした重量感が伝わります。

水面にクルクルと回りながら上がってきたのは30センチオーバーの本命ショウサイフグに思わず笑みがこぼれます。

同船のお客様もキャッチし、時合突入かと思いましたが、すぐに潮が抜けてしまって、当たりが出ないまま餌が取られてしまう状況に。

ならばととこの日のために作ったカットウ(プロト)とチラシ仕掛のテストを行うことに。

錘は30号に丸海津で作ったチラシにエビのブロックを付けボトムまで落とします。

底につくと、5秒に一度から合わせを入れながら誘っているとコツコツと小さな当たり。

タイミングをみて思いっきり合わすと重量感が伝わってきます。
このタイミングの駆け引きがカットウの面白いところですね。

 

この後は潮の流れをみながらカットウや天秤吹き流しを行い、ポツポツと拾い釣り。

はっきりとした時合は残念ながら無かったですが、~30センチクラスが10匹ほど釣れてくれたので申し分ありません!

港に帰るとふぐ調理免許をもった船長がちゃんと捌いてくれるので安心して持ち帰ることが出来ますよ。

帰ってからは、テッサにてっちりと、切るだけで高級な料理に早変わり。
クーラー洗いや台所も汚すこともなく楽ちんです。

こんな三拍子揃ったショウサイフグ釣りですが、大阪湾では3月いっぱいは楽しむことが出来ます。
冬場にホットなこの釣りに是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

■釣行日
2019/01/15

■使用タックル
天秤吹き流し用
竿 2.4m 73調子
リール 両軸300
ライン PE2号
からまん船天秤 30センチ
仕掛 吹き流し4本バリ
ハリ サーベルフック 2~1/0、OH甘鯛13号

カットウ用
竿 カワハギ用
リール 両軸200
ライン PE0.8
仕掛 カットウチラシ(プロト)
カットウ プロトM

スタッフ 藤岡裕樹