インストラクターブログ

Blog

冬バス攻略のロングセラー フットボール

こんにちは。スタッフの喜多です。
連日寒い日が続くようになり、いよいよ、本格的な冬がやってきましたね。
バスの釣果も日に日に厳しくなってきており、先日、出陣しましたがボウズをくらいました。

さてみなさん、冬のバス釣りではどういったリグを使われていますか?
集魚効果抜群のアラバマ、リアクションバイト狙いのメタルバイブ、寒さで口を使いづらいバスにスローにアプローチできるダウンショット、冬バス攻略のロングセラー、フットボール、フットボールジグなどがあると思いますが、今回はフットボールに焦点をあてて紹介したいと思います。

フットボールジグヘッドとはその名の通り、ヘッドがフットボール型になっているジグヘッドです。
その形状からボトムでの安定感と感度がラウンドタイプに比べて高く、ディープエリアでのリフト&フォールやボトムパンピング、ずる引き、安定性を活かしたスイミングにも使える超万能型のジグヘッドです。
JH-21 フットボールヘッド

※(フックサイズ)
1/4oz、3/8ozは#1/0、1/2ozは#4/0。

JH-25 黒豆ヘッド

※(フックサイズ)
1/8oz、3/16ozは#1、1/4oz、3/8ozは#1/0、1/2ozは#2/0。

そんなメリットだらけのフットボールですが、唯一の弱点、そうです…根がかりです…。
横幅なヘッド形状とむき出しのハリ先。フッキングは抜群にいいのですが、ストラクチャーへのアプローチは苦手です。
基本的にボトムの釣りとなるため、避けられないのもまた事実。
1個数百円するフットボールジグをロストしてしまうと精神的にも…お財布的にも…と思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、自作した場合、コストは大幅に抑えることができ、精神的にも余裕を持って使用することができます。
結果、釣れる確率も少しはあがる?と思います。もちろん、釣れたときのうれしさ、興奮度は市販のものとは比べものにならないものがあります。

そこで簡単ですが、ラバージグの巻き方を説明させていただきますので、ぜひみなさんもオリジナルラバージグの作成に挑戦し、記憶に残るメモリアルな魚をGETしてみてください!!

RRS ラウンドラバースカート

※廃番予定商品です。ブラウン、ブルーのみ在庫ございます。

スタッフ 喜多祐樹