インストラクターブログ

Blog

まだまだ楽しめる大阪湾の船タチウオ

こんにちはスタッフの今永です。

プロトタイプのテンヤを握りしめ、須磨の仙正丸さんにお世話になり、船タチウオテンヤに行ってきました。

ちなみに、仙正丸さんでのタチウオといえば、夢釣行の模様が先日ネット配信で公開になっております。
ぜひご覧ください。
http://ownertv.jp/movie/1212/

 

今回のポイントは須磨沖ではなく、淡路沖。
波風がかなりあり、釣りにくい状況ではありましたが、大型がいるだけに期待も膨らみます♪

水深は100m
まずは、エサのイワシをセットし、私の得意な8:2調子の短い竿で、攻撃的な展開の掛けスタイルで始めます。
大型に的を絞り、ボトムから5m以内を丁寧に探っていると、、、

 

1匹目から大型ゲット♪

その後もポツリポツリと追加できるものの、次第にウネリが大きくなりました。
ウネリでステイも決まらず、あたりも取りにくくなる中で、作戦変更。

ウネリによる竿の上下動を吸収して違和感なくタチウオを食い込ませるために、7:3調子の竿に変更しました。
さらに竿の上下動による当たりのボケを防ぐため、電動微速巻きを常に入れることにしました。

誘いもあまりテンヤを飛ばすことなく、フワフワとしたアクションを意識して食い込むあたりでフッキング。


 

ファイト中も波の振幅によるバラしの可能性があったため、竿の角度にも注意しました。

難しい状況ではありましたが、プロトテンヤに助けられ、満足の釣果で終わることができました。

 

プロトテンヤに関して、私自身今回初めて乗せスタイルで使用しましたが、『勝手に掛かりやすい』です。
その理由はまた順次公開していきますが、掛け、乗せどちらのスタイルにも万能に対応できるものとなっております。
ご期待ください。

今年の大阪湾はタチウオ絶好調ですので、まだまだ楽しめるかと思います。
寒さ対策を万全にして、ぜひ皆様もご釣行ください♪

■釣行日…12月14日
■使用タックル
竿:船タチウオテンヤ専用ロッド
掛けスタイル 8:2調子
乗せスタイル 7:3調子
リール:両軸リール(PE2号 200~300m巻けるもの)
リーダー:フロロ8号
先糸:フロロ14号
パーツ:ダブルクレン #14 、サイレントクイックスナップ #2
テンヤ:プロトタイプタチウオテンヤ 40号 (号数は船宿さんにより指定がございますのでご確認ください)

スタッフ 今永航汰