インストラクターブログ

Blog

タルイカの大当り年~モンスターハンティング~

こんにちはスタッフ大東です。
今回のレポートは一味変わったターゲット『タルイカ』です。
あまり耳馴染みの無い方もいらっしゃるかとは思いますが、標準和名はソデイカ。
地域によってはセーイカ、アカイカなどとも呼ばれ、イカの中でもかなり大型になる種です。

一般的には冷凍のイカロールや、回転寿司のネタ、など加工された状態で目にする事が多いので流通はしているけれど、普段目にしないイカです。
今年はこのタルイカが大当りの年で、連日一人複数杯、場合によっては2桁を超える釣果も出ています!

そこでこんな機会を逃す手はないと、スタッフ今永と福井県敦賀の『泰丸』さんにお世話になりモンスターを捕獲すべく出撃してきました。

当日は北の風が強く、海は荒れ模様でしたが、船は大型クーラーを手にしたアングラーの熱気でムンムンです。

受付後、抽選で釣り座を決めいざ出航です。

目指すポイントは沖の200mライン。
しばらく走りますが、波が高く船酔いされている方もチラホラ。
ポイント到着後、シーアンカーを入れ釣りスタートです。

今回の釣り方はここ数年で登場したタルイカメタル。

専用のアイテムも出ているのですが、使用したのは撃投ジグレベル180gにタルイカ用のカンナ(ハリ)を取り付けたオリジナルチューンジグです。

船長のアナウンスで100m上の棚を探って下さいとアナウンスがあり、とりあえず110mまで沈めて、探って行きます。

シャクって、シャクってステイでアタリを待ちながら、棚を探っていきます。
しばらくすると、後方でヒットの声。
アタリ棚は100mとのこと。

そこからはポツリ、ポツリと上がっています。
タルイカはペアで行動している様で一匹釣れたらその横にはもう一匹は居る様なので、ヒットされた方がいれば集中して誘います。

いずれも当たっている棚は100mとの事だったので100で誘いを入れて、待っていると、フワッと竿先のテンションが抜けました。
もう一度誘いを入れるとドンと強烈な引き込みが手元に伝わります。

しばらくやりとりを堪能し上がってきたのは、5キロ前後のアベレージサイズ。

とりあえずキャッチ出来て一安心。
そして上がっきたらすぐにナイフで絞めます。
墨を吐かれたらとんでもないことになりますので、ご注意を。

その後もポツリ、ポツリとヒットするなかスタッフ今永もきっちりゲット!

そこからは徐々に活性があがり、連続ヒットも!
アタリ年と言うだけあって、船中はお祭り騒ぎです。

釣り続けたら、まだまだ釣れそうでしたが、クーラーが満杯になったので、納竿としました。
当日、船中では餌釣りの方が、15キロ級のモンスターサイズをキャッチされておりました。
冬が進むにつれて、海も荒れシーズン終了となりますので、モンスターハントに皆様も挑戦して見て下さい。

■釣行日…2018年12月1日

■使用タックル
竿:ジギングロッド3オンス
リール:ベイトリール2000番
メインライン:PE2号 リーダーフロロ10号
ジグ:撃投ジグレベル180gピンクグロー
   タルイカ専用メタルスッテ200g

 

スタッフ 大東哲也