インストラクターブログ

Blog

香住沖でキャスト&ジグ&鯛ラバのフルコースを堪能

こんにちはスタッフの藤岡です。
今回向かった先は地元、兵庫の香住沖で、ヒラマサのキャスト&ジグに絶好調の鯛ラバのフルコースで楽しんできました。
お世話になったのは大吉丸さんです。

11/25の三連休最終日、絶好の釣り日和となったこの日。
南西の風が5mと程よい波気の中、先ずはキャストでヒラマサを狙います。

最近では釣れたら90~1mのヒラマサが多いとのことなので油断は禁物です。

丹後の名ポイントを回りますが先行艇が多いので、一先ずジギングに切り替えて真鯛とヒラマサを狙うことに。

ポイントは水深110mラインの岩礁と砂地が混じる広大なポイント。
ベイトはシラスとイカとのこと。

先ずは180gのジグでスタートするも上潮の流れが早すぎてスーパードテラ状態に。。

仕方なく250gに変更するも底取り3回目で200m以上、糸が出ていく状況でしたが諦めずにこまめに回収を繰り返します。

勝負はジグがコントロールできる底取り2回まで。
そのタイミングだけ集中し誘うと魚が付いた違和感!
素早く喰わせの間を入れてドスンとした重量感。
ジギングはこの瞬間が一番楽しいですよね!

トルクフルな引きで上がってきたのは立派なヒラマサ85cm。

新製品「ジガーミディアム チェイス」も毎度ながら惚れ惚れする掛かり所でバラシの心配なく大物と渡りあえます。

この後はますます風が強くなったので、ヒラマサキャストに切り替えます。
丹後のジオパークをスーパーランガンの贅沢なコースで、ついにヒラマサの巣窟を発見します。

とはいえ、ベイトはシラス。
チェイスはあるものの高確率で見切られてしまいます。

そこでルアーを140mm
STX58の超喰わせ仕様に変えると見事的中!
グッドコンディションのヒラマサを複数キャッチ出来ました。

キャストを十二分に楽しんだ後は、風が止んだので絶好調の鯛ラバで本日の締めを狙います。

ポイントはタイ場の110m。
1投目から大鯛がヒットするなど、気付けば全員ヒットなど鳴り止まないヒットコールの中、大満足で納竿となりました。

今年の山陰エリアは全域絶好調の傾向ですね。
いい天候の日に出れたら爆釣間違いなし!かもですよ。

【使用タックル】
■ジギング
・ロッド…デュアルエッジ3パワー
・リール…スピニング8000番
・ライン…PE3号
・フック…ジガーミディアム チェイス9/0
・パーツ…ソリッドリング5番、スプリットリングハイパーワイヤー6番

■キャスト
・ロッド…8ft
・リール…スピニング8000番
・ライン…PE4号
・ルアー…パドルベイト
・フック…STX-58 #1/0

■鯛ラバ
・ロッド…6ft
・リール…ベイト300番
・ライン…PE1号
・ヘッド…チェンジアップヘッド 150g赤金
・フック…スカートフックCS 11号

スタッフ 藤岡裕樹