インストラクターブログ

Blog

船太刀魚テンヤに夢中

こんにちは!スタッフ大東です。

今回もまたまた船太刀魚テンヤのレポートです。

シーズン序盤は不調な滑り出しでスタートした大阪湾の太刀魚ですが、いざシーズン本番を迎えると、連日大漁、大漁の好調っぷり。

特に洲本沖(淡路島東側)エリアは数、サイズ共に絶好調!

という事でお世話になったのは、和歌山県加太より出船の『三邦丸』さんです。
ポイントまでも近く、まだ薄暗い内からスタートフィッシングです。

水深は80mです。最初はアタリ棚を探るべく底から1m事にシャクって止めてを繰り返します。
10mほど上げた所でゴンとアタリが出ました。

ここで合わせを入れるのが『即掛けスタイル』と呼ばれる釣り方で、とにかくテンヤに近付いて来た魚を空振り上等でバンバン掛けていきます。

このスタイルは反射神経と空振りしても負けないメンタル、硬めの道具が必要になりますが、私は即掛けが苦手なので、そこから、タチウオを追わせて、テンヤを咥えさせた所で合わせを入れるスタイルで釣りを組み立てます。

こちらは最初アタリの後、如何にテンヤを咥えさせるかが腕の見せ所で、タチウオとの駆引きを制し、掛けた時の気持ち良さがたまりません。竿は8:2のオールマイティー系がオススメです。

更に7:3調子の柔らか目の竿で、タチウオを食い込ませる『乗せ』の釣りがあり、どのスタイルも奥深く、それぞれに魅力的であります。

最初の1匹は追わせて掛ける無難なスタイルで、あっさりゲット!

本日もタチウオのご機嫌は良さそうです。

暫く底から10m~20m上の棚でアタリましたが、日が上りだすと、棚は一気に底周辺に集中。
タチウオの活性も下がる事なく、投入の度に釣れます。

活性が少し下がったタイミング(追いが悪くなったタイミング)で『乗せスタイル』の釣りを試します。

これがハマり連発。
プロトテンヤは鋭いハリ先なので、面白い様に勝手に掛かります。

暫く『乗せ』の、釣りを堪能したので、『追わせて掛けるスタイル』に戻し、納竿まで楽しみました!

プロトテンヤは即掛け、追わせて掛ける、乗せと全てのスタイルで安定して使えるテンヤに仕上がっております。

今回の釣行では、メインのベイトが甲殻類となっており、底周辺にアタリが集中したと思われます。

魚探の反応や、胃の内容物で、アタリ棚の絞り込みや、テンヤの操作速度、エサの種類などを考え次の釣行に繋げるのも楽しく、我が家の冷凍庫はアミノ酸等の添加物まみれの餌が山盛りです。

まさに太刀魚に夢中と言う事で次回レポートをお楽しみに。

釣行日:11月16日
ポイント:洲本沖
竿:2m前後のテンヤタチウオ専用竿8:2と7:3
リール:中、小型両軸リール(PE2号200~300巻けるもの)
ラインシステム:PE2号、リーダーフロロ8号
その先にフロロ14号をWクレンスイベル12号で結束。
テンヤとの接続はサイレントクイックスナップ2号を使用。
テンヤ:プロトテンヤの40号
(船宿によりテンヤの指定号数が異なりますので事前に確認下さい)

スタッフ 大東