インストラクターブログ

Blog

冬場の食い渋るグレや、大型が掛かっても安心して使える

冬場の食い渋るグレや、大型が掛かっても安心して使える

オーナーばりフィールドテスター 生駒浩史

2018年10月28日(日)、福井県音海にある大波止にグレを狙って釣行した。
午前7時頃に釣り場に到着すると、アジ釣りやエギング、フカセ釣りなど既に多くの釣り人でにぎわっていた。
これだけの釣り人が毎日竿を出しているとするとグレも当然スレているはずだ。
スレているグレを狙うには、いかに撒き餌と同調して出来るだけゆっくりと違和感なく食わせられるかだ。
今回新発売となった鈎「身軽グレ」は、最軽量で強く、今までのものより食いは良いと思う。
そして半スレなので口に刺さりやすく最強の鈎だ。

さっそく撒き餌をするとグレが集まり始め、25cmくらいのサイズがポツポツと釣れた。
2ヒロほどのタナでグレが撒き餌を拾っている姿が見えたが、ウキに反応がないときもあった。
おもしろくなってきた。
食い渋るグレをどうにかして攻略するのが楽しいのだ。

仕掛けは、ウキ00号でハリスは1.2号にしていたが1号に落とした。
鈎は身軽グレ4号を付け、小さなオキアミで狙ってみた。
ウキが馴染んでゆっくりと沈みかけた、と思ったらウキが引き込んだ。
グレは違和感なく食いつくのでヒット率が高くなってきた。
サイズもどんどんアップして最長寸は34cm!
この釣り場では良型だ。

納竿までには30cm前後が数釣れた。
この鈎なら冬場の食い渋るグレや、大型が掛かっても安心して使えると思った。