インストラクターブログ

Blog

隠岐沖のヒラマサをキャスティング&ジギングで攻略

こんにちはスタッフ藤岡です。

10/13~14に大阪で開催されたジギングフェスティバルに沢山のご来場ありがとうございました。

私は2日間カルティバブースに居たわけですが皆さんジギング熱が高い!
またジギングやフックについて様々なご意見頂き大変収穫の多い良い機会となりました!
しっかり製品にフィードバックしながら開発に勤しみたいと思います。

 

さて今回はジギングフェスティバル中に秋マサが始まった!と会場で話題になっていた島根県隠岐島に行ってまいりました。

お世話になったのは浜吉丸の林田船長です。

今年の隠岐島はすこぶる好調のようでヒラマサの25キロオーバー頭に数多くの大型~小型のヒラマサが大量に集結していると情報をキャッチ。
これは行かなければ!と有志のヒラマサ大好きメンバーで挑戦してきました。

当日は夜明けと共に先ずは港前の超大型実績ポイントで様子を見るもあっさりスルー。
ほとんど潮が動いてないので大きくエリア変更します。

次に向かった先は50mからの駆け上がり。
前日はチェイス多発ポイントとの事なので、気合いを入れるも全く反応はありまん。
ここも潮も0.2ノットとほぼ船が流れなく、初っ端から出鼻を挫かれます。

とはいえ実はこれも想定内。
普段近海でやる以上、残念ながらほとんどいい状況になかなか巡り会いません。
最近では状況が悪かったら悪いなりにそれに合わせてた釣りに変更しています。

最近お気に入りの小さなルアーにSTX-58
サイズ的な警戒心をときフックの軽さでルアーのキレを出し、じゃれつきのフックアップにも対応。
STX-58にする事で掛かりの良さも向上し、58で掛からなければ諦めろ!というくらい信用できるフックです。
これに替えるとどかっ!とあっさり狙ったとおりにヒラマサのバイト。
技ありの1匹はサイズ問わず嬉しいものです。

その後もポイント移動を繰り返す度にポコポコと単発でヒラマサが上がりますが後が中々続きません。
今日はなかなか厳しい1日になりそうかと思っていた矢先、林田船長がついにヒラマサの大群を捉えます!
ちょうどこの頃から風も吹き出し、一気に雰囲気はムンムン。

豆ルアー&STX58を投げると出るは出るは大群のヒラマサがルアーを我先に取り合います!
ひと流し2~3本釣れるなどまさにヒラマサの爆釣が始まります。

とはいえ、やはり大型ルアーには反応がわるく、豆ルアー&STX-58に反応が良かったので渋い時用にご用意される事をお勧めします。

何流ししたから分からないくらい反応があったポイントでしたが、次第にトップへの反応が悪くなってきたので、次はジギングに切り替えます。
ここで登場するのは、ジギングフェスティバルでお披露目となった新フック「ジガーミディアム チェイス」。

ジグの操作性を上げ、重量バランスで高確率で上アゴやカンヌキを捉え、勝負できるフック!
追わせるイメージにぴったりな青物用フック。

このチェイスはとくにヒラマサとは相性抜群で、この日も見事にフックアップ連発。
ジギングでも次から次へと面白いようにヒラマサやサワラ、ハガツオが反応します!
発売前の最終チェックとしていい機会となり自信をもって発売できそうです。

こんなわけで終わってみれば大型こそ巡り会いませんでしたが、空前のヒラマサ爆釣劇に大満足の釣行となりました。
始まったばかりの秋マサシーズン。
今年は特に絶好調の日本海に皆様も行ってみてはいかがでしょうか。

使用タックル
■キャスト用
ロッド:8ft
リール:8000番
ライン:PE4~8号
ルアー:140~190 ダイブベイト
フック:STX-58#1/0~2/0

■ジギング用
竿:6ft
リール: 8000番
ライン:PE3号
ジグ:120~150g ブースFなど
フック:ジガーミディアム チェイス9/0
その他:ソリッドリング5番、スプリットリングハイパーワイヤー6番

スタッフ 藤岡裕樹