インストラクターブログ

Blog

須磨沖のテンヤタチウオゲーム

こんにちは!スタッフ大東です。
今回のレポートは、秋と言えば、タチウオ!大阪湾で秋の船釣りと言えば、テンヤタチウオ!
平日でも満船になる大人気のターゲットです。
近年大阪湾でのテンヤタチウオゲームは、競技フィッシングの確立もあり、誘って、アタリを出し、掛けていくと言うスタイルが盛んになってきました。
勿論従来のゆっくり巻きながら、食い込む本アタリをアワセて行く釣り方も沢山の方が楽しまれています。
ただどちらも、喰わす釣りではなく、掛けていく引っ掛けの釣りとなります。
従って、ハリの鋭さ、機能が凄く大事になってきます。

今回はその鈎にこだわって開発しているプロトタイプのテンヤを引っ提げ、須磨浦より出船の『仙正丸』さんへ。
出船場所からポイントの須磨沖まで近いのも魅力的です。
釣行日は連日好釣果が続いており、サイズもぐぐっと大きくなってきており、期待度MAXでスタートです。

水深は50mの浅いラインからスタートです。
連日、好釣果だったので朝一からアタルだろうなんて簡単に考えていたら、中々タチウオからの反応がありません。
誘い方もリールを巻いては止める、巻いては止めるストップゴーや軽くシャクって止める等試しますが、やはり反応がありません。
そうこうしていると、周りの方には、チラホラとタチウオが掛かっています。
どうやら、アタリ棚を探る為の速め、激し目の誘いが駄目だったようで、柔らかい誘いに変えると、アタリが出る様になりました。

アタリを出せた後は、それを如何に掛けていくか?となるのですが、即掛か、追わせて大きくアタリを出して掛けるか?

このタチウオとの駆け引きが多くの人を魅了する最大の理由かもしれません。
この日はタチウオの追いもあり、しっかり追わせて掛けるスタイルを選択。
最初のアタリがあってから、ゆっくり巻いたり、シャクったりして、竿を引き込むアタリを出させます。
最初の一匹が釣れると、パターンが掴めるのですが、この1匹が意外と難しいのです。


無事にファースト太刀魚をゲット出来たので、その後連発かと思いきや、ポツリポツリ。

日が上りだし、潮も流れ出したタイミングで最初の時合い。
ここで手返しよく掛けて行きたいのですがタイミングが合いません。
ポツリポツリと掛けて行くと時折グッドサイズが。

そうこうしていると、潮も止まり、アタリが遠のきます。
再び潮が流れ出すと今度は強烈な2枚潮が発生し、船のあちこちでオマツリが大量発生。
今回のプロトタイプテンヤは水切れの良いベッド形状をしており、2枚潮や深場でも、しっかりアワセが効くようになっていますのでオススメです。

潮が動き出してからは、アタリパターンも誘って止めて、アタリを出しに行くよりも、ゆっくり巻きながら本アタリを出すパターンに突入したようで、ベテランアングラーさんの竿がどんどん海中に舞い込んでいきます。

それを見て、巻き巻き巻きしていると、竿がぐぐっと入ります。
しっかり竿が舞い込んだ所で、アワセます。
そこから、しばらく巻きのパターンでタチウオとの駆け引きを堪能。
指5本の大型も混じり、いい感じです。

後輩今永には嬉しい外道も。

そこから少し活性も下がり、大きなアタリが出にくくなって来たので、誘って止めて掛けていく釣りにシフトチェンジして、ポツポツ追加して終了となりました。

船テンヤタチウオシーズンは年明けも続きますが、秋は釣りやすい時期となりますので、一度挑戦してみて下さい。

 

■使用タックル
船テンヤタチウオロッド 2m前後
両軸リール(PE2号300m前後巻けるもの)
リーダー:フロロ8号
先糸リーダー:フロロ14号
テンヤ40号(プロト)
テンヤの号数は船宿さんにより指定がございますので事前に確認して下さい。

 

スタッフ 大東哲也