インストラクターブログ

Blog

京都府丹後沖の青物ジギング&キャスト

こんにちはスタッフの藤岡です。

今回はこれから秋シーズンを迎える京都府丹後沖の青物ジギング&キャストに出向いてきました。

お世話になったのは舞鶴のノースポイントさん。
ノースポイントさんはこのエリアでは珍しくヒラマサキャスティングのコースも楽しめるとあってヒラマサ&鰤を両方狙いたい!っという贅沢なプランも堪能させてくれます。

当日もこの贅沢コースで、朝一は名礁・冠島にてヒラマサキャスティングでスタート。

いずれのポイントもトップ5mになる険しい天然礁があるなど久しぶりに味わう緊張感の中、キャストを繰り返すも3チェイスのみ。
ベイトも少なく水色も悪いことから気分転換にジギングに切り替える事に。

ジギングでもこちらも超が付くほど有名な白石グリへ移動します。
10時のオープン(遊漁規制時間)に合わせて水深100mラインから様子を見てみます。

ベイト反応は山盛り、潮流は0.2ノットとほぼ潮止まりでしたが、なんと1投目から引ったくるようにヒット!

100mラインからトルクフルな引きで何度も翻弄しながら上がってきたのは
丸々太ったメジロ!

来春発売のジガーミディアム チェイスががっちりとカンヌキを捉えてバラシの不安は一切なくファイトする事が出来ました。

また今回使用したローレスポンス系の柔タックルでもフッキング出来る細身の線径にしてますのでフッキング不足も解消でき、ジグの操作感も損ないません。

この後もローレス系のアクションが絶好調で面白いように鰤~メジロが次々とヒット!
ノーバラシのディープゾーンの連続ファイトは身体が嬉しい悲鳴をあげています。

十二分に鰤ジギングを堪能したので残り時間はヒラマサキャスティングで本日最後の勝負にでます。

冠島に戻ると午前中と打って変わり、ベイト反応や湧きグレに潮目など状況は好転。

やはり一流し目からヒラマサのチェイス頻繁しますが、なかなかバイトには至らない様子です。

やはり潮流がやや弱いためと小型のヒラマサが多いようでなかなか大型プラグを寸前で見切ります。

ここでプラグを140センチまで落としフックはSTX-58をセット。

ショートバイトを拾いやすい為でもありますが1番はプラグのアクションのキレを最大限に引き出すためです。

これが功を奏しなんとかヒラマサをキャッチすることに成功。
小型でしたが、状況に合わせてキャッチする事が出来た価値ある1匹で充分満たされて納竿となりました。

今回使用した新作ジガーミディアム チェイスやフックは10/13~14 大阪で開催されるジギングフェスティバルにて展示紹介させて頂きます。
このブログをみて、チェイスに関心を持って頂いた方には私の自作チェイスアシストをプレゼント!するかもです。

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

■キャスティングタックル
ロッド: 8ft
リール:スピニング8000番クラス
ライン:PE3~5号
ルアー:ペンシル140~165
フック:STX-58#1~1/0
その他:スプリットリングハイパーワイヤー6~7番

■ジギングタックル
ロッド:6ft ローレスポンスタイプ
リール:スピニング8000番
ライン:PE2~3号
ジグ:150~250グラム
フック:ジガーミディアム チェイス(プロト)
その他:スプリットリングハイパーワイヤー6番