インストラクターブログ

Blog

とにかく軽く、グレに余計な違和感を与えることなく、エサを食わせる

スタッフ萩田です。
今回は、フカセ釣りをこよなく愛し、男性釣師とも肩を並べるほどの若手女性アングラー、
山口美咲テスターよりレポートを頂きました。ご覧ください。

 

とにかく軽く、グレに余計な違和感を与えることなく、エサを食わせる

オーナーばりフィールドテスター
山口美咲

宇和島湾内へグレ釣りに行ってきました!
かつてはマキエを撒けば水面に波紋が出るほどに高活性だった湾内のグレも、ここ近年はかなり活性が落ち、グレを釣ることすら難しい状況。今回も一匹釣るのにかなりの思考錯誤が必要な1日でした。そんな厳しい状況の中、貴重な一匹を釣るためにはやはり、グレへの自然なアプローチが重要な鍵になったかなと感じました!
今回使用した「身軽グレ」、とにかく軽く、グレに余計な違和感を与えることなく、エサを食わせることが出来ました。
最初のうちは6号で釣り、さらに活性が落ちたタイミングで5号にサイズを落とし、グレを追加。
途中、ゲストとして現れた年無しのチヌも、これほど細くて軽い針にも関わらず、何の不安もなく上げることができました!
これからのトーナメントシーズン、「身軽グレ」が私のパートナーになること間違いなしです♪