インストラクターブログ

Blog

いよいよ熱い青物シーズンが始まりましたよ!

こんにちはスタッフ藤岡です。

 

先週末は、そろそろ明石近海の青物が始まってきたのでは?と思い調査に行ってきました。

 

この時期の明石近海の青物といえば走りの時期。

イワシの回遊と共にメジロやブリ、サワラなどが単発で上がりだす時期です。

 

回遊量も日に日に増え、8月を迎える頃にはツバスサイズの数釣りも始まり最高に楽しいシーズンを迎えます。

 

今回お世話になったのは東田丸さんです。

いつもありがとうございます。

 

出船は朝の5時半。

今回は人気のタコ釣りとのリレー便とあって2隻満席と漁港は釣り人達で賑わいます。

 

まず朝イチは、青物狙いからスタートとの事なのでこの時期のメインポイントである明石海峡へ向かいます。

 

明石海峡はその地形から潮流が最大7ノットを超える屈指の激流エリア。

この日も最大3.9ノット流れる予報です。

 

 

ポイントに着くとまだ潮が緩く150g程度のジグでも楽々行える状況でしたが、

 

30分もしないうちに水面が川のように流れ出し、多くの鳥も集まってきたところで、青物の時合が始まります!

 

先ず私にガガっと当たってきたのはサワラ!

全くサワラ対策をしていなかったので、瞬時に魚歯カッターで切られてしまいました。

それも3回連続…。

皆さんも高級ジグを失う前にサワラ太刀魚リーダー先糸やツイントリガー(ワイヤーアシスト)などのサワラ対策は万全に!

 

さて気を取り直して船中では60センチ弱のコロコロと太った激ウマハマチがポツポツと毎流し上がり出します。

この時期のベイトは小鰯や小鯖がメインの為、ショート〜セミロングのフォールが得意なジグが有効です。

フックはジガーミディアム チェイス(プロトフック)

激流エリアでも身切れやバラしを防いでくれるのでガンガン上げることができ時合を逃しません。

今回はこの組み合わせがうまくハマりなんとか激旨ハマチを2本キャッチに成功!

同行したスタッフ大東もハマチを複数キャッチしていました。

 

この時点で船中殆どの方がハマチをキャッチ出来たのでお土産のタコ釣りへ。

私は大物狙いでテンヤスタイルへ。

こちらも好調で2キロオーバーのタコも複数上がり、激旨ハマチにブランド蛸とホクホクな釣果で帰港となりました。

 

 

 

これからの明石はますます青物の状況が上向いてくることでしょう。

 

このレポートを書いている今日も今朝からツバスの入れ食いが始まった!と連絡が入りました。

 

いよいよ熱い青物シーズンが始まりましたよ!

 

 

使用タックル

青物用

ロッド  6ft

リール  スピニング8000番

PE  2.5号

ジグ  撃投ジグレベル撃投ジグストライク  150〜200g

フック   ジガーミディアム チェイス 7/0

 

 

タコ用

竿  180cmタコロッド

リール  ベイト2000番

テンヤ  楽々タコテンヤ50号

船タコ集寄ブレード

 

スタッフ 藤岡裕樹