インストラクターブログ

Blog

鳥取でのイカメタルゲーム

こんにちは!スタッフ大東です!

今回は鳥取でのイカメタルゲームをレポートしたいと思います!

関西エリアを中心に数年前から人気が高くなった、イカメタルゲームですが、夏の猛暑を避けられ、釣って楽しい、食べて美味しい、手軽と言う事もあり、各地で楽しめるようになりました。

基本的な仕掛けは、鉛スッテとドロッパー(エギやウキスッテ)と言うシンプルなスタイルで、ケンサキイカやスルメイカを狙います。

出船は17時、ポイントに到着後は錨をおろし、釣りスタートです。

明るい時間帯は底ベッタリにイカが居ますので底から数メーターを探ります。
群れが回遊してくるとポツポツとヒットする事が多いです。

この日は開始して早々に、同船者に大型のケンサキイカ(通称大ケン)がヒット!
これは、爆釣かと思われましたが、後が続かず、集魚灯点灯の時間となりました。

この釣りは、集魚灯が点灯して30分~1時間後からが本番!
集魚灯に寄って来た小魚に、イカが補食の為に集まってきます。棚も一気に浮きますので、10mより浅い水深で入れ乗りなんて事もあります。

しかし、この日は魚探に反応は有るものの、タナはバラバラで全層に写っています。

こんな日は丁寧に当たるタナを探って行く事が釣果を伸ばすポイントです。

また、反応がなければ、鉛スッテ、ドロッパーのカラーローテーションをこまめに行うと良いです。

今回はケイムラ系のカラーに反応が良かったので、ケイムラ系のカラーを中心にローテーションし釣果を伸ばしました!

 

またイカのサイズが良かったので、3.5号のエギにも反応が良かったです。

こまめなローテーションと、レンジを、刻む事でお土産をしっかり確保し納竿となりました。

こまめなローテーションをするときに便利なのが、『耐力イカリーダー
頻繁にローテーションをしてもスナップがヘタリません。
次回釣行でも繰り返し使えますのでお試しあれ。

まだまだ暑い日が続きますが、夜なら比較的涼しく釣りが出来ますので、大人の夜遊び、皆様も挑戦してみて下さい。

タックル
イカメタル専用ロッド6~7フィート

小型両軸リール、小型スピニングリール

PE0.8号 リーダー4号

耐力イカリーダー100s

レベルスッテ20号~12号

Draw4 2.5~3.5号