インストラクターブログ

Blog

今が旬の船タコ釣り

6月16日(土)神戸市須磨港から出船し、今が旬の船タコ釣りに行ってきました。
自身、船タコ釣りは年に1回~2回、神明間の風物詩としてタコを狙いに行きます。

6時30分頃、ポイントの淡路島沖(江崎~富島間)へ到着。
この日は、梅雨の合間の晴れ間にあたり、まさにタコ釣り日和。

ポイントに着くと直ぐに、新製品「たこ集寄ブレードショート」を結び、タコエギとオモリ50号を装着しいざ仕掛を投入。


底までエギを落とし、ゆっくり上下に竿をシェイクし誘いを入れますが、なかなか反応がありません。乗船している周りのお客さんも、掛かっていない様子。
そして、周辺でタコを狙っている他船の様子を見まわすと、かなり早いスピードでシェイクし誘いをしている方がタコを掛けているのが遠目で見えたので、見よう見まねでシェイクスピードを速くし真似てみると、ドスンと重みを感じ即合わせ。
魚のようなシャープな引き込みはありませんが、竿全体にのしかかるタコ特有の重みを感じながらゆっくり巻き上げてくると、予想通り、明石名物ブランドのマダコでした。


この誘いがハマったことにより、この後もアタリが続き、2~3時間の間で8匹ほど乗せることができ気分は上々。


もちろん、早いシェイクだけではなく、集寄ブレードのキラキラ効果も相まってこの釣果に恵まれたと思われます。
その後は、潮が速くなり50号のオモリでも底を取ることが難しくなり、おまけに時間が経つに連れて反応も鈍くなったが、最終的に12匹のタコを釣り上げることができ、正午をもって納竿とした。


 今回、「たこ集寄ブレードショート」使った印象ですが、全長が30cmと短い為、
両軸リールでも前方に投げ込みやすく、なお、ブレードが回転する為、今回のような激しい誘いをかけても潮の抵抗を受けにくく、ナチュラルにエギやテンヤを操作できると実感しました。
また、集寄ブレードのみだけでなく、カラフルなビーズや流線型シモリを配色しているので、よりアピール力に優れます。
船タコシーズンは、これからが最盛期となります。私のような初心者からベテランまで楽しめるのでぜひ狙ってみてはいかがでしょうか。食べて良し、釣味良しのマダコ釣りおもしろいですよ。

 

スタッフ 萩田大輔